2019年11月13日

【昭和の遺伝子】デジタル時計

 昭和中期、高度成長期時代には、デジタル時計は繁栄の象徴であった。

 デジタル時計に必須の水晶発振子――クォーツ――が内蔵された時計は、まだまだ高値の花であったし、それをさらに小型化し腕時計にするなどは、技術的にも先の話であった。

 駅の時計もアナログ式で、もちろんクォーツではない。内蔵振り子を使った機械式のものである。
 個人が使う腕時計も、もちろん内蔵振り子を使ったもの。当時はネジでゼンマイを巻いて動力にするのが普通で、腕の動きでゼンマイを自動巻きにする機構が「すごい技術が出たものだ」と感嘆されたものだった。

 それでも、精度はけっこう悪くなかったような憶えがある。もちろんクォーツのように月差数秒のレベルではなく、毎日、NHKの時報を聞いて時間あわせをするわけだが。

 NHKの時報と言えば、気づくと、もう「ピッピッピッポーン」の画面が流れなくなっている。当時は正時前に時計が画面に大映しされ、57秒からピッピッピッポーンと時間を教えて、番組に入ったものだったのだ。

 その後、クォーツはどんどん小型化され、駅の時計もデジタル時計になった。このデジタルの「分」が変わる瞬間が見たくて、子どもたちはその時計を凝視していたものだった。

 当時は液晶技術もまだ出始めで、最初に出たデジタル腕時計は8セグメントの発光式だったと記憶している。これの仕様が苦肉の策だった。ずっと時間を発光しつづけると、電池がすぐなくなってしまうものだから、スイッチを押したときだけ、時間を発光するという代物。
 それでも、満員電車の中、これをつけた腕がつり革を握っていたりすると「おっ!」と皆に感心されたものだった。

 クォーツも液晶も、どんどん進化が進み、もう数年後には、腕時計に使われるくらいに実用化していた。
 わたしが中学校にあがり、最初に腕に巻いた腕時計も、液晶のクォーツデジタルであった。発光式と違い、常に時刻は表示されているが、秒まではわからない。ストップウォッチ機能がついていたが、リセット機能が「ボタンを押し続けるとリセット」という、使いにくいものだった。精度も十分の一秒まで。大抵がそうではなかったかな。
 まだ「軽薄短小」という言葉が生まれていない頃である。

 クォーツ時計は爆発的に売れたので、あっという間に安価になり、機械式時計の生産量をすぐ追い抜いた。当時は冒頭に書いたとおり、デジタル時計は繁栄の象徴であった。

 もちろん、アナログ派も根強く残っていて、「デジタル時計を使うと時間の感覚がわからなくなる」、「時間計算にはアナログがいい」、「いや、なんと言ってもデジタルの方が正確だ」、というような議論がなされていた。
 教育的要素はともかく、この頃は、なんと言っても正確なデジタル時計派の方が優勢だった印象がある。

 デジタル時計が安価になり、置き時計も腕時計もほとんどがデジタル表示化されるようになると、時計業界はクォーツでアナログ表示、という時計をつくるようになる。
 すると揺り返しのように、クォーツのアナログ表示時計が増えてくるようになった。
 駅の時計も、またアナログ表示に戻り、子どもたちは、腕時計の秒針が秒でステップすることに未来を感じたのであった。

 しかし考えてみると、時間というものは切れ目なく流れていくものだから、今は皆が当然のように受け止めている、この「秒針がステップ表示」というものは、正確にはアナログではないのかもしれない。
 高校の頃、担任の教師が持っていた腕時計は、秒針がステップ表示ではなく、珍しくスイープ(切れ目なく回る)タイプで、皆で集まって見学し「おおおー」と声をあげた憶えがある。

 そしてバブルの頃は、むしろクォーツより、正確な機械式アナログ時計がもてはやされるようになったのだから、人間というのは不思議なものだ。
 この風潮は令和の今でも続いているようである。クォーツを使わない機械式で、月差数秒というところに、人間の技術の粋を集めたロマンを感じるのであろうか。

 わたしはプラクティカルな人間なもので、そんな機械式より、クォーツで、電波補正式が一番だと思っているが、盤面に限っては、腕時計は(クォーツの)アナログ派に戻っている。やはり時計はアナログ表示が一番わかりやすい。

 この記事は、実は令和元年、11月11日に書いている。令和1年11月11日の、ちょうど11時11分を過ぎたところで、そう言えば昭和の時代は――と連想して書き始めたもの。

 今やクォーツの液晶デジタル時計は、百均でも買える時代である。それを手に取ると、少年時代のデジタル時計へのあこがれを思いだし、隔世の念にとらわれずにはいられない。
posted by 結城恭介 at 08:00| 昭和の遺伝子