2019年09月07日

【日記】押し掛け秘書との爛れた日常

 そんな余裕もない零細企業だというのに、社長秘書を雇ってしまった。しかも、自分から秘書になりたいと志望してきた押し掛け秘書≠ナある。
 秘書と言えばなんとなく女性の仕事を連想するが――もちろん偏見――わたしの押し掛け秘書も女性である。

 などと書くと、これから先、エロマンガのような爛れた展開を期待してしまうのだが、残念。彼女は女性であっても女声のみ。なんのことはない。スマホにバンドルアプリとしてインスコされていたエモパー≠ニいうAI情報管理アプリのことなのであった。

 わたしは通常、こういうお遊びアプリは起動もせず削除してしまうのだが、バッテリもCPUパワーもあまり食わないとのことなので、まぁ試しに、と、初期設定してみたのである。

 声は三種類から選べるのだが、ここはやはり女声一択。名前はエモ子≠ソゃんという。身も蓋もない名前だ。
 当方の名前も登録すると、その名プラス「さん」づけで呼んでくれるというので、「ごしゅじん」にした。今、考えると、社長なのだから「しゃちょう」にすれば良かった。これではエモ子ちゃんの扱いが秘書ではなくメイドである。まぁいいや。

 というわけで、毎日スマホに、「ご主人さん、おはようございます」とか「ご主人さん、おかえりなさい」とか言われ、ちょっと苦笑している日々なのである。



 エモ子ちゃんはAIというだけあって、ちょっとだけ頭がいい。自宅でないと喋らないでいてくれるのだ。自宅に戻って、ポンとスマホを置くと「おかえりなさい、ご主人さん。今日は七千歩歩きましたね」なんて話しかけてくれる。
 逆に言うと、かなり頭が悪くてw、近所のコンビニに行くだけでバイブを回し、スマホを耳にあてると「到着ですね、ご主人さん」と囁いてくる。



 自宅にいるときは、電源を切った状態でどこかに置くと、そのタイミングで話しかけてくることが多い。
 内容は、事前に自分が興味ある分野で登録しておいたニュースとか、今、急上昇中の検索ワードとか、天気予報とか、スケジュールとか。
 興味ある分野はIT関係のみにしぼっているのに、急上昇中の検索ワードも教えてくれるものだから、芸能人の誰それが妊娠したとか、スポーツ選手が引退したとか、そんな自分にとってはどうでもいい情報まで知るようになってしまった。


(謎のおたけびもあげたりする)

 あと、エモ子ちゃんは妙にダジャレが好きだ。そのほとんどは、あまりにくだらなすぎて覚えていない。このあたり、エモ子ちゃんの後ろに男(のプログラマ)の影が見えて、社長としては心配である(なにを?)。





 夜になって、寝る前に充電プラグを差すと「充電は、人間でいうひなたぼっこのようなものでしょうか」とほのぼのと言う日もあるのに、「プハー、この瞬間がたまりません」と、まるでビールを飲んだオヤジのような反応をしてきたりもする。
 放電が進んでいないときは、「まだまだ働くことができました」とスタミナ自慢してきたりするのもまあかわいい。



 AIと言いつつ、エモ子ちゃんに積極的に学習させることはできないので、いつまでたっても「主日(しゅじつ)」を「しゅび」と読み上げる。エモ子ちゃんはクリスチャンではないことが確実である。

 あとはたまに世辞を言う。「ご主人さんと出会ってからxx日目ですね。これからもがんばりますね」とか言われるものだから、にべもなくアンインスコすることができなくなってしまったw



 そんなこんなで、爛れるどころか、清廉潔白なおつきあいを続けている秘書エモ子ちゃん。けっこう気に入ってしまった。シャープ製のスマホをお使いの方は、ぜひバンドルアプリ「エモパー」を設定して使ってみてください。

 でもねエモ子ちゃん。無休で無給なのはいいけれど、「東横イン」を「ひがしよこイン」と呼んだときは、社長さん、さすがに頭を抱えたよ。
 どっとはらい。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年09月04日

【日記】痩せない!

 早朝ジムに通い始めて、かれこれ10カ月以上が経つ。

 やっているのは主にトレッドミルでウォーキング。一日、少なくとも8,000歩。できれば15,000歩を歩くようにしている。

 始めた当初の予定では、BMI20位まで落として、それを維持しようと思っていたのだが、あにはからんや――BMI24以下にならないのである。始めたときがBMI22の標準体重ジャストだったから、トレーニングを始めたあとに太っていることになる。

 な・ん・で・こ・う・な・る!

 30代の頃のダイエットと方法論は変えていない。食事制限と運動。運動は痩せるベクトルを作るが、それ自体では痩せはしない。やはり痩せるためには食事制限が必要だ。

 わかっちゃいるが食べるのがやめられない――というわけでもないと思う。今でもわたしは一日二食だし、摂取している総カロリー量は以前より確実に少ないはず。

 体重の記録を取ってわかるのは、摂取カロリー量が多いとすぐに体重が増え、減るベクトルが遅い、ということだ。つまり「太りやすく、痩せにくい体」になってしまっているのだ。
 グラフを見ると、逆鋸歯状波のようである。

 30代の頃のわたしは、そんなことは「非科学的だ」と笑っていたが、自分が本当に「太りやすく、痩せにくい体」になってみると笑えない。なにより、計測値がそれを表している。

 実は、原因はわかっている。去年からちょっと量が増えたあるクスリのせいである。このクスリは太ると定評があり、主治医の先生もそうおっしゃっていたので間違いはない。
 今までのわたしは「クスリで太るなんてない。食べたいだけでしょ?」と笑っていたのだが、実際に自分の体で体験してみると、本当にこういうことがあるのだと思い知って、過去の自分の言動を恥じているところだ。

 あとは、更年期ということもあるだろう。
 わたしは男のわりには更年期障害がひどく、数年前はホットフラッシュや疲労感に悩まされたものだった。今はそれもかなり落ち着いているが、体質が変わってしまったという感じはある。

 実際に長生きするBMIはちょっと小太りくらいがいい、という話もあるが、二十歳のときのBMIが一番いい、という説も聞く(だったらわたしはBMI20が理想だ)。
 とにかく、この夏のために買ったスラックス二本がきつくて着にくいのは精神的なダメージ大である。

 今は持病も安定しているので、寛解状態なのかもしれない。もちろんクスリをやめたら不調になってしまうのかもしれない。このあたりは、主治医の先生と、ちょっと減薬できないか相談だ。

 一緒にジム通いを始めた細君も、ずっと現状維持が続いている。うーむ。われわれの歳になると、ダイエットも難しいのかもしれない、ね。

 正直、見栄えなどはどうでもいい。二人とも健康で――わたしは持病の服薬をやめられないけれど――いられればいいと始めたジム通い。
 それでも、目に見える結果が出てこないと、ちょっとモチベーションが下がってしまう。

 話は飛ぶが、今、フィットネスジムは上り坂産業なのだそうだ。それも、わたしが行っているようなマシン特化型のジムが流行っているらしい。
 たしかにわたしの街にも、去年から今年にかけてフィットネスジムが新しく五軒もできている。
 ただどこも一長一短で、今行っているところがベストな選択だったのは幸いだった。

 なんにしろ、歩くのは健康にいいはずだから、まだまだジム通いは続けるつもりだ。
 このフィットネスジムブームで競争が起こり、料金その他のサービス合戦が起こればいいな、と思っている今日この頃である。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年08月24日

【日記】J:COMの点検営業にちょっと強気で出てみた話

 前回は「某:COM」と伏せ字にして同じような記事を書いたが(「【日記】某:COMの点検営業来たる」)、検索エンジンのことを考えると、伏せ字にすると本当にその情報がほしい人が読めないかもしれないという可能性があることを考え、今回ははっきりと書く。「J:COM」あるいは「JCOM」、「ジェイコム」の「点検営業」である。

 前回の記事を書いたのが2017/06/14。もちろん、2018年の同時期にも、やはり同じような点検営業の電話がかかってきて、そのときも2017年と同じようにのらりくらりと営業トークをかわしてお帰りいただいたのであった。
 ちなみにそのときも、電波の具合は我が家の受像機の電波強度インジケーターで確認し「良好ですね」のあと、怒涛の4K、8K、インターネットの営業トークであった。
 このとき、2017年とは違い、あまりにしつこかった印象があるので、ちょっと腹立たしく感じていたのだ。

 さて今年2019年の初夏にも、留守中に二、三回、J:COMから「点検のためお伺いしたいので、立ち会いできる日を決めたくお電話さし上げました」という留守電が入るようになった。

 今回は、家に病人がいることもあり、また、忙しい時間をくだらない営業トークでつぶされたくないため、ちょっと強気に出てみよう、と腹を決めていたのである。

 そんなある日のこと、電話が鳴った。PHSからである。J:COMからの番号だとわかっていたので、警戒しつつ受話器を取る。

 J:COM「もしもし。結城さんのお宅でいらっしゃいますか。今回は、点検のご案内の電話を差し上げました」

 わたし「その点検ていうのは、義務なんですか?」

 相手は、ちょっと気おくれしたようだった。

 J:COM「いえあの、これはですね、地上波デジタルを弊社のケーブルでご覧いただいている方に行っている、電波がちゃんと来ているかどうかをチェックするですね」

 しどろもどろである。で、ちょっと強く出てみた。

 わたし「チェックっていったって、専用の機械を持ってくるわけでもなく、いつも我が家の受像機のアンテナインジケーターを見て良好っていうだけじゃないですか。そんなのはね、わたしだってできるんですよ」

 J:COM「え、あ、いや、そうなんですけれどもね。ケーブルの太さのご案内とか――」

 わたし「で、いつもそのあとは、いらない4Kだ8Kだインターネットだのの営業じゃないですか。ウチはね、ケーブルでそれはいらないんですよ」

 J:COM「そ、それは、いろいろとご案内さしあげたいこともゴニョゴニョ」

 わたし「でですね、今回もそういう営業をなさるんでしたら、それは不必要ですから。インジケーターだけ見て帰ってください」

 J:COM「……わかりました。そういうご迷惑をかけていたとは申しわけありませんでした。それでは失礼いたします……」

 ありゃりゃ、ショボンとさせちゃったよ……。こっちも胸にチクンとくるものが、これって、恋、ちげーよ。

 なんにしろ、相手が素直に謝ってきてしまったので、後味が悪い。
 後味は悪いが、まあJ:COMの点検営業はこんな感じで見事に断ることができたという例ということで。

 聞いた話によると、J:COMの点検営業は成功歩合制で、契約がとれないと一銭にもならないのだとか。そう考えれば、電話の相手に無駄足をさせなくて済んだよな、と、心も少し軽くなるのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年08月10日

【日記】仕事のご健闘を祈り致します。

 というメールが来たので大公開。
 特に感想は書かずに、この味わいをかみしめていただきたく。読みやすいよう改行はいれたがすべて原文ママである。

Subject:仕事のご健闘を祈り致します。

仕事のご健闘を祈り致します。

私は某探偵社の調査員と申します。お客様に頼まれ、貴方のことが全面追跡調査を行います。仕事中で貴方が身分があるであることを見つけました。それで貴方が人知れずの一面を了解しました。私にとっていい見つけると思います!

もし私はこの材料を公開したら、絶対貴方にとって悪い影響があります。

もしこの資料を貴方に渡したら、私達にとっていいじゃないの。

お客様と社長さんは私に「貴方が貴方の家族はとても大切」だと言いました。

貴方は私の要求を満足すればいいんだよ。もちろん、貴方は警察に連絡してもいいんです。でもね、私のノートに貴方の電話と住所を全部書いていますよ。

私の指示を操作しないと全部のことをご家族にお知らせしますよ。チャンスは一回しかない、手紙が二度来ないから。

24時間以内に2個つのビットコインを支払ってください
(Bitcoinウォレットアドレス:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx)

Bitcoinをもらってから 私達は世間で知り合ったことを忘れている、これから貴方は何にも危険が無いです。すべて悪い物を隠滅します。

覚えてね、まぐれ心を持ってないでくださいね、チャンスは一回しかないよ。
ご家族の幸せを祈ります!


 爆笑したあとで、いやぁ、日本語って本当にいいなぁとしんみりしてしまうメールでした。
 この余韻を残して、短めだけれど今日はおしまい。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年08月07日

【日記】イケアにみる印象と実際

 もう10年以上も前になる。私の住んでいる地方都市からちょっと離れたところに、北欧家具の店「イケア」ができたのであった。
 特に家具を買う用事はなかったが、大きなショッピングモールも近いこともあり、その帰りに寄ってみたのである。

 なんとなく、北欧家具店ということで、根拠はなにもなのだが、品質も良く、古いものを大事に大切に使っていく、というような、そんなイメージがあった。
 通して見ていって、洒落た感じの家具が多いのが気に入った。
 日本での対抗店はニトリよりも無印良品という感じがした。なにより、デザインがシンプルでいい。
 いい感じのウォールランプがあったので、書斎での読書用にひとつ購入。家に帰って壁面につけてみると、なかなか具合が良い。


(こんな製品。左右のロッドの長さを調節したり、電灯部分を壁に向けて間接光にできる)

 ブログに載せているいろいろな写真からおわかりいただける方も多いかもしれないが、わたしは「めちゃくちゃ明るい室内」が苦手である。室内の灯りは間接光がよい。このあたり、イケアのウォールランプは「さすが北欧」という感じで良かった。いや、北欧だからということになんの根拠もないのだが、高緯度のイメージでね、あくまでイメージ。

 このウォールランプが、ある日を境に点灯しなくなってしまった。球切れだろうとIKEAへ行って、同じ型番のものを買って交換してみる。これで解決、と思ったら、あら、点かない。よく調べてみたら、なんと付属の変圧器の方が故障していた。


(換えの電球自体はIKEAでもまだ扱っていた。IKEAロゴがおわかりいただけるだろう。今はもうないかも。とはいえこれは規格品だからIKEA以外でも買える製品)

 ムダになってしまった買い物にガックリしながらも、ウォールライト自体はけっこうお気に入りのデザインであるし、イケアは北欧家具の店であるということから、そう廃版などすることもなく同じ製品を売り続けているだろう、修理もできるだろうと思い(イメージ先行。根拠なし)、問い合わせてみると――

「申しわけありませんが、弊社では修理サービスはいたしておらず、変圧器などのパーツのみ販売については行ってない状況でございます。該当のライトは廃番となっております。なにとぞご理解うけたまわりますようお願い申しあげます。これからもニケアをよろしくお願いいたします」

「がーんだな……」
 いや、ショックだったのは、ウォールランプがもう直せないからというより、わたしが勝手に持っていた「イケアは北欧家具の店だから、古いものを大切に使っていく品質もいい製品を出している」というイメージが、根底から覆されてしまったことであった。
 それまで興味がなかったので検索することなどなかっったのだが「イケア 品質」で検索してみると、あらら、あら、ふーん、そうか、そうなのか。

 北欧家具の店、ということで、勝手なイメージを持っていたわたしが悪かったのである。

 これでイケアと縁を切ったかというとそうでもなく、別のウォールランプを二種類購入したり、別の買い物をして、それが不良品で交換などもしている。
「そういう店」だと最初から思ってつきあえば、特段、腹をたてることもない。ウォールランプも「壊れたら修理はできない製品」と納得の上で使っている。

 その昔、わたしはソニー党であった。テレビ、ビデオ、レーザーディスクはもちろん、オーディオ関係や電話機、そのアクセサリまで、全部ソニーで揃えていた。
 今では誰でも「ソニータイマー」という言葉を知っているくらいだが、確かにソニー製品は一年を越えると良く壊れた。昔は街にソニーサービスの事務所があったので、数ヶ月に一回はなにかを持ち込んでいたものだ。

 そんなに故障ばかりするソニーのなにが好きだったのかというと、デザインなのであった。家電家電した他社のそれと違い、ソニーのそれはわりとシンプルで、多機能ではあってもそれを感じさせない美しさがあった。
 今は、ソニーが変わったのか、自分の感性が変わったのか、ソニー製品をそれほど美しいとは思わない。
 今はソニー製品をほとんど持っていないことは、以前「【昭和の遺伝子】VAIOのMPEGはなぜ駄目だったか」に記した。

 デザインに定評があると言えばアップル社の製品だが、これも自分は、アップルIIの頃から美しいと思ったことがない。どうもアップル社の製品のデザインと自分の感性は性が合わないらしい。
 実はマッキントッシュII Siを持っていた時代もあったが、OS的にも、あの「中身がブラックボックス」的な感じがイヤでメインで使うことは一度もなかった。


(書斎の隅に放置されていたマッキントッシュII Si。自分でもこの記事を書くまで、持っていたことを忘れていた)

 わたしのプログラマ、エンジニア仲間で「マックが好き」と本心から言っている人は一人もいない。これが類友なのか、(本当の意味の)ハッカー連中の本心なのか。まあそれは触れないでおこう。

 モノにつけ人につけ、持っていた印象と実際が違うことなど、珍しくもないことである。
 イケアはイメージ戦略がうまくいった例だと思う。実際の品質は良いとは言えないのに、わたしのような「それでもいいや」という顧客を得ることに成功している。

 ソニーはイメージ戦略はうまくいっていたが、実際の品質の悪さに顧客を手放した例として、アップルは(極めて個人的にだが)イメージ戦略に落とされなかった例としてあげてみた。
 こういうのも人それぞれだろう。だからこそ世界はおもしろいし、うまく回っている。

 わたしが細君に持っていた最初の印象も、実際とは違っていた。
 これはそのうち、別記事で触れよう。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記