2018年10月03日

【映画評】若おかみは小学生!

 先々週のこと――
 わたし「週末、一緒に映画観にいかない? 今なら、『スカイスクレイパー』か『死霊館のシスター』、『若おかみは小学生!』がお勧めなんだけど』
 細君「んー、それだったら『スカイスクレイパー』かな」
 わたしは虚を突かれた思いがした。
 わたし「えー、直子さんはてっきり、『若おかみは小学生!』を選ぶと思ってたよ。この前、劇場を出るとき、ポスターをじっくり見てたからさ」
 細君「あー、あれは単に、原作を読んだことがあるからってだけよ」
 わたし「そーなんだ」

 というわけで、先々週のデートでは「スカイスクレイパー」を鑑賞。スカッとしたアクション映画であった。

 しかし、である。うーん、なにか心残りなのだよな。というのも、このところtwitterでは、「若おかみは小学生!」のダイマがTLにちょくちょく入ってくるのだ。曰く「号泣しました」、「子ども向けと思っていたらやられた。もうハンカチがぐっしょり」、「今年一番の映画決定!」、「感動して×回目の鑑賞。もう最初から泣ける」、「涙腺崩壊、でも、さわやかな感動に身が震える」、エトセトラ、エトセトラ……。
 ここまでべた褒めの嵐だと、こりゃあ、劇場で観ておかないと後悔するかも、という気分になってくる。

 そこで先週末。教会の帰り、台風が近づいているというのに、細君を誘ってみた。
 わたし「『若おかみは小学生!』、観てみない?」
 細君「(苦笑して)観たいの?」
 わたし「いや、twitterであれだけダイマがすごいと、これはやはり、市井のいち映画ファンとしては観ておかないとというか、なんというか、モゴモゴモゴ」
 細君「観たいなら正直に言えばいいじゃない(笑)」
 そう、観たかったんだよぉー。俺は『若おかみは小学生!』を観たかったのだ。『若おかみは小学生!』の原作であるエロ青い鳥文庫は読んだことはないが、なにしろこちとら、「Comic LO」や――


(茜新社「Comic LO 2002年10月号」表紙を引用)

「湯けむりスナイパー」で――


(原作:ひじかた憂峰/作画;松森正「湯けむりスナイパーPART III」3巻より引用)

 その手のJSモノ、温泉モノの予習は完璧なのである。

 細君「ぜんっぜん違うけどね(冷笑)」

 というわけで、劇場へ。



 ヒロインのおっこちゃんがお勧めするので――



 いつもは買わないポップコーンなんかもLLサイズで買っちゃったりして。



 ハンカチも新調し、いつでも泣けるよう手に持って、フィルムスタートに挑んだのであった。

 あらすじ――ヒロインの関織子(おっこ)は小学六年生。父母と同乗していたクルマで、高速道路でもらい事故に遭遇。奇跡的に助かるが、その事故で大好きな父母を失ってしまった。
 「花の湯温泉」で温泉旅館「春の屋」を営む祖母、峰子に引き取られたおっこ。そこで、祖母をずっと見守ってきたという幽霊、ウリ坊に出会い、彼の巧みな誘導で、「春の屋」の若おかみ≠ニなると宣言してしまい、修行の道に。
 ライバルホテルの令嬢や、他の幽霊、子鬼などとの出会いもあり、おっこは毎日忙しい日々を送る中、お客さまのために働くという、旅館業の本質を理解していく。いつも父母が身近にいてくれている、おっこはそのような気がしていた。
 そしてある日、お泊まりになったお客さまの事情を知って、おっこは残酷な現実をつきつけられることになる――。


 結果――うーん、なんたることか、わたしのハンカチは濡れなかった。
 もちろん、ウルッときたシーンは何度かあった。しかし、号泣はしなかった。
 劇場が明るくなって、細君を見ると、同じような感じ。

 だが、改めて、誤解のないよう書いておく。
「若おかみは小学生!」は佳作である。良い作品だと思う。すばらしい映画だった。いやむしろ、すばらしすぎる。減点法でも加点法でも百点満点である。
 わたしはストーリーテラーなので、アニメとしての出来栄えを云々する知識はないが、ストーリーテリングのサイドから見れば、ここまで瑕疵のないお話にはそうそう出会えない。感服した。うまいなぁとシャッポを脱ぐ。
 まさしく珠玉。傷ひとつない、美しい宝石のような完成度。バックグラウンド、キャラクター設定、全体を貫くテーマ、息抜きのギャグ、そして基本の起承転結、なにひとつ、過不足がない。

 それゆえ、号泣できなかったのだなぁ……。わたしはひねくれものなのだな。きっと。

 みんな大好きファーストガンダムで、ランバ・ラルが新型モビルスーツグフ≠ノ乗って、アムロのビームライフル射撃を紙一重でよけまくるシーンがある。そのときの台詞を思い出していただきたい。「正確な射撃だ。それゆえ、コンピュータには予想しやすい」

 そう、「若おかみは小学生!」のストーリーは、完璧すぎて、先が読めてしまうのだ。これは「若おかみは小学生!」が悪いのではない。わたしが商売柄、そういう大人になってしまったからなのである。
 以前にも書いたが、わたしはストーリーを線や面ではなく、立体構造物として脳内で構築している。
 なので、連続ドラマの順番を入れ替えて観ても一向に平気。映画も、途中から観て、最初から見直して、その途中のところまできたら観やめるのも全然平気。
 こういうひねくれた人間の涙腺を崩壊させるには、ドラマツルギーの裏をかく必要があるのである。

 が、本来、対象の客層を小・中学生とする「若おかみは小学生!」にそんなことをする必要があるだろうか? 
 また、大人であっても、「感動して涙が止まらない」という感想を漏らす方をくさす気はまったくない。わたしも、ストーリーテラーのはしくれでなかったら、もっと素直に泣けたのだと思う。

 結城さんは「若おかみは小学生!」アンチなんだ、と思われては困る。真実まっとうに心をこめて作られた作品だと思っている。本当につまらない作品だったら、観てもわたしはなにも書きませんよ。
 ただなんだ、twitterで「泣ける」というワードがあまりに多すぎて、自分の中でハードルが上がってしまった部分があることも否めない。SNSの悪い面が少し出てしまったかな。

 とにかく、泣ける泣けないは別にして、「若おかみは小学生!」は良い作品なのである。
 いい作品なのに、やっているハコや回数が少なくなっているのが残念だ。今週末の連休、なにか映画を観たいと思うのなら「若おかみは小学生!」お勧めです。ぜひ、映画館へ足をお運びいただければ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2018年08月18日

【映画評】カメラを止めるな!

 最初は二館上映だったインディーズ映画が、口コミの評判であれよあれよというまに全国拡大公開に。
 とても面白いと観た者誰しもが言うが、どう面白いのかを訊くと口をモゴモゴさせてしまうという不思議な映画「カメラを止めるな!」が、遅ればせながらわたしの住む地方都市でも上映されることになったので、細君とさっそくはせ参じてきた。



 すでに観てきた方のレビューで、だいたいの内容は「ゾンビ映画の撮影に廃墟を訪れたロケチームに、本物のゾンビが襲いかかる」というものだとはわかっている。
「でもね、それ以上に面白いから」
「それ以上? どんな」
「うーん、ごめん。それ以上≠ノ触れると、あなたが観たときにつまらなくなっちゃうから」
 というのが、だいたい個人でもネットでも定番のお答え。
 なんだろうなぁ? ロケ隊が実はすでにゾンビだったとか? などといろいろと妄想たくましくしながら、夕方からの上映に入場。いつもはガラガラな劇場と時間帯だというのに、今日は三分の二くらい埋まっている。口コミというものはすごいものだ。

 さて、答え合わせ。
「カメラを止めるな!」は、「ゾンビ映画の撮影に廃墟を訪れたロケチームに、本物のゾンビが襲いかかる」というものだ。しかし「それ以上に面白い」。とはいえ「それ以上≠ノ触れると、あなたが観るときにつまらなくなっちゃうから」書けない!

 本当に口コミのままである。
 いやしかし、マジにそれ以上書けないのだ。たとえば「よく練り込まれたシナリオ」というごくふつうのほめ言葉でさえ、ネタバレになってしまう(カッコ内は反転で読めます)。

 この面白さを伝えようと、雰囲気を似たような映画で例えようとしている方も多く、その中で挙げられる「サマータイムマシン・ブルース」が、わたしも「雰囲気は似ている」という点で、似ているかな、と思う。

 もうひとつ、これを挙げている方は見かけないが、都井邦彦先生の「遊びの時間は終わらない」(ただし映画の方ではなく小説の方)が、似たような感じかな、とも思う。

 とにかく、伏線の回収がうまい(こう書くだけで、もうネタバレスレスレである)。

 ひとつ言えるのは、以前の記事に似たようなことを書いたが「映画のエンドロールは最後まで観ろ!」ということである。
 この映画に限っては、エンドロール後を観ないということは、面白さの90パーセントを見逃していると言ってもいい。

 そしてエンディング後、劇場をあとにするときは、観ていた皆が不思議な一体感に包まれ、笑顔で、楽しかったねー、と口々に言っているような映画である。ポン!

 なんというか、映画本編に触れないで感想を書かなければいけないというのは、なんとも、評者が試されているような映画でもある。

 まだまだ全国上映は始まったばかり。この夏、一本だけ映画を観るのなら、ぜひとも候補の上位に入れてほしい映画。わたしが邦画を褒めるのはそうないはず。
 実はこの映画の前に「未来のミライ」を細君と観ていて、誘ったことをちょっと後悔していたのだが(ま、そういう評価)、細君も「カメラを止めるな!」は十分に楽しんでくれて、点数稼ぎができてうれしかったりする。

 血のりとかはけっこう出てくるし、手持ちカメラで酔いやすいタイプの方はちょっとダメかもしれないが、そうでないカップルなら、デートムービーにもいいかもしれない。
 観終わったあと、「ポン!」の一言で、で二人で笑ってしまうから。約束する。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2018年05月20日

【書評】3びきのかわいいオオカミ

「3びきの かわいい オオカミ」
文:ユージーン・トリビザス/絵:ヘレン・オクセンバリー/訳:こだまともこ



 5ちゃんのどこかのスレで紹介され、それをまとめサイトで読んで、これは、と通して読んでみたら、気に入ってしまった作品。

 3びきのオオカミが、おかあさんオオカミに、これからは三匹で仲良くやっていくように諭されます



 そこで、3びきのかわいいオオカミは、レンガの家をつくって、そこに住むことにしたのです。

 と・こ・ろ・が――その隣人ときたら!



 見てくださいこの悪い顔!
 なんと、凶悪この上ないブタだったんです。

 このブタときたら、せっかくつくった三匹のかわいいオオカミのレンガの家を――



 ひでぇ(笑)。ハンマーでぶっ壊してしまうのです。
 いや、笑っちゃいけませんね



 三匹のかわいいオオカミたちは、ほうほうの体で逃げ出します。
 そして今度は、もっと丈夫な新しい家を作るのでした。


(新居でバドミントンに興じる三匹。可愛い)

 ところが、隣人の悪いブタときたら――



 今度はコンクリートドリルでぶっ壊しにくるのだからたまりません。第一、なんでそんなもの持ってんだよw
 このブタ、日本ブレイク工業も真っ青の壊し屋です。ケミカルアンカー Da Da Da!

 三匹のかわいいオオカミたちも対抗して、さらに鉄条網まで備えた、ガッチガチの要塞のような鉄筋コンクリート作りの家をつくります。



 さすがのブタもこの鉄条網にはまいったかと思いきや――



 爆破!
 発破している張本人は、ちゃーんと左下の方に――



 ちゃっかり起爆装置を押しているというひどさ。本当に凶悪なブタなんですw

 さて、どうしたものか――。オチはぜひとも、本書を読んでみてくださいな。
 結論を言うと、なんと、三匹のかわいいオオカミは、ついに自分の持っている牙という武器に気づき、凶悪なブタに立ち向かい――などということはなく、かわいいまま。
 そして、凶悪ブタとは、こんな関係に。



 うーん、なんか、それでいいの!? というオチへの流れではあるのだが、なんだろう、童話的な結論としては「隣人との間に壁をつくらないことが、平和な共存関係への第一歩」とかになるのだろうか。

 いやしかし、アレかもね。最近はちょっとアレな人も多いから、引っ越すときにはそういうところにも気をつけようね、という教訓話、なのかも。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2018年03月21日

【映画評】ブルース・オールマイティ

 ジム・キャリーは特別好きな俳優というわけではないのだが、「マスク」や「トゥルーマン・ショー」は大好きである。そしてこの「ブルース・オールマイティ(2003)」もお気に入り。実はけっこう、ジム・キャリー好きなのかもしれない。

 あらすじ――テレビ局ニュースリポーターのブルース・ノーランは、今日のナイアガラの取材こそは、どんな道化でも喜んで演じるつもりだった。なにしろ、アンカーマンの引退にともなって、次こそは自分が、という目が出てきていたからだ。
 ところがその取材中に、ライバルのエヴァンがアンカーマンの座を得たことを知ったブルース。自暴自棄になって、リポートは滅茶苦茶に。そして局はクビになり追い出されてしまう。しかも、やけくそついでに浮浪者を助けたらチンピラどもにリンチされるというおまけつき。



 ブルースは呪う。神はえこひいきしている「神は僕を無視している」、「あんたは職務怠慢だ」と。



 とたん、彼は不思議なポケットベル番号「5502」に呼び出される。無視したブルースだったが、翌日もしつこくこの番号に呼び出され、電話をかけてみると、相手は言った。「出世のチャンスを奪われた? 君より才能のないやつが横取りした? 君はブルースだね。じゃ、君に仕事がある。住所は――」
 ブルースがそこへ行ってみると、そこは外見ボロボロのビルディング。中のオフィスは真っ白でなにもない。清掃人がひとり、働いているだけだ。



 ドタバタの末、この清掃人こそが神≠セと知ったブルース。そして神≠ヘ「文句があるなら君が神の仕事をしろ」と伝えるのだった。



 この真っ白なオフィスのシーンのドタバタが、ジム・キャリーらしくて楽しい。神様役は見てのとおり、モーガン・フリーマンである。
 ところで謎の番号「5502」はなにかキリスト教か聖書由来なのかなぁと調べたが、ちょっとわからなかった。意味があるのかないのか、謎である。

 半信半疑のまま、ビルを飛び出したブルースは、レストランに飛び込んでトマト・スープを注文。そこでモーセのごとく、スープを二つに割るという奇跡を起こす。





 このあたりでもう爆笑である。

 自分が神の力を引き継いだことを知ったブルースは、もうやりたい放題。ブティックのショー・ウィンドウで一瞬にして気に入った服に着替え、前回やられたチンピラを叩きのめし、さらにはスクープをモノにしてテレビ局に復活。特ダネにつぐ特ダネをゲットして「MR.EXCLUSIVE」とまで呼ばれるように。
 さらにアンカーを務めていたエヴァンのろれつを回らなくして、自分がアンカーになるという道筋をつけるのだが――

 ブルースは大切な「神の仕事」を忘れていた。人々の祈りを聞く、という仕事である。頭の中に人々の祈りの声が山ほど押し寄せてくる。
 この祈りを具現化するシークエンスがまた楽しい。最初はファイルボックスだったのを、次はポストイットで整理しようとするが、部屋中が付箋だらけに。



 最終的には――



 オンライン化してしまうのだ(笑)。
 人々の祈りをダウンロードするが、これが朝までかかるというのは、ナローバンドなのか祈りが多すぎるのか。とにかく全部の祈りを全部かなえてしまうという暴挙に出たブルース。
 それでいいと思っていたブルースだったが、人々の祈りに尽きるところはない。街は混乱し暴動が起こり始める。

 自分のせいだ、と悟ったブルースは、例のビルへ。神に会い、助けを請う。
 ここの神のセリフが実にいい。

 神「ブルース。スープを二つに分けたのは奇跡じゃない。それは手品だ。仕事を持っているシングルマザーが子どもとの時間を作る。それが奇跡。ティーンエイジャーがドラッグから離れて学校へ通う。これも奇跡。人々はわたしにいろいろなことを頼る。しかしみな、自分が奇跡を起こせる力を持っている。奇跡を見たいかい? わが子よ。奇跡を起こせ(Be a miracle.)。


 ブルースは心を入れ替え、人々のために、自分ができる等身大のことで協力する。例の「神オンライン」もコンセントを抜き「ブルースは与え、ブルースは奪う」と一言。ここ、ヨブ記 1:21のパロディである。いいなぁ、こういうさりげなさ。
 エヴァンにも、自分がアンカーを退くことと祝辞を述べ、テレビ局の仕事も、今までどおり色モノリポーター≠ニして喜んで続けることにする。

 恋人のグレースが自分のためにどれだけ祈っているかを知ったブルース。高速道路でひざまづいて祈る。トラックにひかれたか、と思われた瞬間、真っ白な空間に。そしてまた神と会う。

 ここからのシークエンス。何度観てもいい。

 神「君には神の輝き(divine spark)がある。君には世界に楽しみと笑顔を与える才能がある。わたしがそう創った」
 ブルース「……自慢かよ(Quit bragging)」
 神「それだよ。それがわたしの言っているsparkだ」


 このブルースのウケが何度聞いてもいい。DVDの字幕だと――



 になっており、吹き替えだと「そうだっけ?」になっているが、やはり邦訳するなら「自慢かよ」が一番ピッタリくると思う。

「真の祈り」というものを悟ったブルースは、大怪我をしながらも現世に戻り、献血運動の会場から軽妙なリポートを送る。「Be a miracle.」の合言葉とともに。

 クリスチャンでなくても楽しめる、かるーいキリスト教入門として(そうか?)お勧めの一本。

 ちなみに、続編で、アンカーとなったエヴァンを主人公とした「エヴァン・オールマイティ」も作られているが、こちらはノアの箱舟を現代風にしたドタバタで、正直、それほど楽しい作品ではなかった。残念。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2018年03月08日

【映画評】グレイテスト・ショーマン

 いきなりだが、血液型性格診断である。

 A型のあなたは、いつもは慎重ですが、ときとして大胆なときがあります。そんなあなたにはハッピーエンドの映画がお勧め。
 B型のあなたは、有無を言わさない行動力がありますが、それをちょっと後悔するときもあります。そんなあなたには、ミュージカル映画がお勧め。
 O型のあなたは、おおらかですが、実は繊細な感性も備えています。そんなあなたには、シンプルなあらすじの映画がお勧め。
 AB型のあなたは、大勢でいることが好きな反面、孤独を楽しむ術も体得しています。そんなあなたには、破天荒な主人公の映画がお勧め。


 実はこの性格診断、全くデタラメである。
「誰にでも当てはまる曖昧で一般的な性格を、自分に当てはめて納得してしまう」という人間の心理を言ったもので、これを「バーナム効果」という。

 そう、この映画「グレイテスト・ショーマン」の主人公、興行師「P.T.バーナム」の名から取られた心理現象なのである。彼は「we've got something for everyone――誰にでも当てはまるなにか≠ェある」という言葉を残しており、それにちなんでつけられた心理効果なのだそうだ。

 かように、実在のP.T.バーナムは人間心理を熟知した、けっこうな山師だったようである。
 しかし、そのP.T.バーナムを主人公にしたこのミュージカル「グレイテスト・ショーマン」は、じつに素晴らしい映画であった。



 ニャンニャンニャンのネコの日、カルディでネコトートをゲットしたあと、一人でふらりと寄った映画館で本作「グレイテスト・ショーマン」を観て、あまりの良さに感激し、後悔してしまった。細君と一緒に観なかったことを。
 そこで今週の日曜、細君を誘って二人で観劇。わたしが同じ映画に二度足を運んだことは初めてかもしれない(その昔は同じ映画を、劇場を出ない限り何度も観られたが、それは除く)。

 ストーリーは単純である。主人公バーナムの少年時代から結婚。フリークスを全面に押し出したサーカスの興行師として成功するまでの苦労と挫折と栄光。それでも上流階級の人間に見下される悔しさと、それを見返すさらなる猛進。それによって見失う家族との愛と、それの再発見。そしてサーカスの炎上、崩壊という悲劇の末、フリークスの団員たちも家族であったという発見と、弟子との友情などなど。
 シナリオに、たとえばフリークスに対する深い理解や、マイノリティに対するポリティカルコレクトネス的視線などはほとんどない。
 なにか考察したり、暗喩を紐解いたり、そのような仕掛けがないぶん、批評家受けは悪いだろう。実際、彼らのつけた点はそうよくないという話だ。

 しかし、この映画はそれでいいのだ。
 この骨太のシナリオに、見事な音楽とダンスが華を添える。いや逆だ。音楽とダンスを支えるために、シンプルなストーリーがあると言ってもいい。

 ミュージカルには、音楽とダンスで心情を表すタイプと、シナリオを進行させるタイプの二種類がある。この映画は明らかに後者で、じつにテンポがいいのだ。少年時代から、上流階級の少女との恋、就職、迎えに来て結婚、子どもができるまでを、一気に一曲で表現してしまう。このテンポの良さがじつに心地よい。

 早速、オンラインでOSTを購入してしまった。これが聴き止めることができない。一曲目の「The Greatest Show」から、最後の「From Now On」まで聴き、またリピートして聴いてしまう。
 比べるのはなんだが、同じミュージカルでOSTも買った「LA LA LAND」は、「Another Day Of Sun」「Someone In The Crowd」「Audition」の3曲ばかり聴いてしまうのだが、本作のOSTは入っている11曲全部がお気に入りになってしまった。

 ストーリーは単純と言ったが、けっこう好きなシーンもある。バーナムに批判的だった批評家が、サーカスが炎上、崩壊したあと、バーナムに「わたしが別の評論家だったら、こう書いたろう。人類の祭典≠ニ(意訳)」というシークエンスにはジンときた。
 うちひしがれたバーナムを、フリークスたちが家族としてバーに励ましに来るラスト近くのシーンもいい。
 そして、メインキャラの陰で、バーテンのダンスも出てくるたびにキレッキレである。本当に細かいところまでダンスが見事で、三回、四回と観たくなる映画である。

 バーナムに心を寄せる歌姫リンドの曲「Never Enough」もまたいい。特に頭に常駐しやすい。もうネバネバである(聴けばわかります(笑))。

 わたしはわりと映画を、劇場で観る、家のテレビでDVDで観る、PCでストリーミング視聴するということに、そう差を感じないタイプだが(本当にいい映画は、どんな媒体で観ても心に残る)、本作に関しては、是非とも、是非とも、劇場でやっているうちに観ていただきたいなぁ、と切に願う。

 そしてもうひとつアドバイス。観るときは、なるべく大切な人と一緒に。配偶者や、恋人。これから大切にしたいと願っている人を誘って、並んで観ると感激ひとしおな映画だ。
 観終わったあと、映画館を出て、相手の手を取ってクルクル回って踊りたくなる映画はそうそうない。あぁ、わたしも五十肩の痛みがなければ、映画館近くの港で細君をクルクル回したかった(笑)。

 そして一生の思い出になる映画だと思う。
 もし不幸にして別れてしまっても、「あの映画を観たときは幸せだったな」と、ふりかえって、暖かい気持ちになれるに違いない。

 わたしがこんなに映画をベタ誉めすること、そんなにないでしょ?
 それだけお勧めなんですよ、ホント。
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評