2019年02月09日

【甘味】ファミマ「シェイク!シェイク!クリーム!」

「シェイク!シェイク!クリーム」は、去年(2018年)の12月にファミリーマートで限定発売されたドリンクで、たった6日で出荷終了になってしまったという、甘味者垂涎の一品。

 実は去年も運よく購入できたとき飲んでいたのだが、あまりに美味すぎて、写真を撮るのを忘れてしまった。
 そして翌日、再び買いにいったら、もう品切れ。以降、入手ができずにいたので、もうあの味は楽しめないのかとガッカリ。

 もう一回あの味を! という甘味者の声が届いたのだろうか、ファミマでは今年2019年1月29日から、再び販売開始したのである!



 ただし今回も数量限定販売である。
 朝、ファミマに行くとなんとか買えるのだが、午後にいくともうない。というわけで、店頭で見かけたら、細君の分と必ず二個、買っておくようにしている。

 ボトルに記されているように、10回振ってから飲むドリンクである。基本的には乳飲料だが、一口飲むと、生クリームをそのまま飲んでいるような味。


(寺沢大介「ミスター味っ子」7巻より引用)

 実は最初(去年)買った二本。細君に渡したら一気飲みされて、「美味しいから一気飲みしちゃった!」と、味をゆっくり楽しむ彼女にしては珍しい台詞が。それだけ美味しいということなのですよ。

 生クリームを飲むといってもクドさはなく、それでいて濃厚な甘味を満喫できる、実にバランスのとれた一品。


(寺沢大介「ミスター味っ子」7巻より引用。原作では控えめ表現な味皇さま)

 ファミマさん、これ、定番商品化できないのかなぁ?
 北海道産生クリームを使用とのこと。特別なルートでしか入手できない材料が多いのだろうか。それとも、けっこう赤字ギリギリ? お値段は税込198円である。

 この記事が載るころは、もう朝に行ってもファミマで買うことはできなくなっているかも。もし甘味者で、まだ本商品「シェイク!シェイク!クリーム!」を楽しんでいない方がいらっしゃったら、一生の不覚になること間違いなし。ファミマへダッシュでGOをお勧めなのだ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2019年02月06日

【甘味】幸楽苑「チョコレートらーめん」

 NトK朝の連続テレビ小説「べつばら」
 第19週「甘味を足そう!」

 別平「ダメだ。どうしても普通のラーメンになってしまう!」
 原子「別平さんが作ろうとしているラーメンは、今までとは違ったラーメン、ですよね」
 別平「そうだ原子。醤油ラーメンでもみそラーメンでもない。誰も食べたことがない、それでいて誰しもが美味しいというラーメン。それを作らなければ」
 原子「うーん、ラーメンて、よく、お酒のシメとして食べられたりしますよね」
 別平「ん? なにが言いたいんだ原子」
 原子「それって、お酒が飲めない人はどうしたらいいんでしょう。お酒が飲めない人も、シメとしてラーメンを食べるんでしょうか?」
 別平「……(ピコーン)それだ、原子。お酒が飲めない人はデザートだ。デザートのラーメンを作ればいいんだ」
 原子「ええええーっ!?」


 というような会話が、幸楽苑の企画部であったのかどうかは知らないが、このバレンタイン期間に、ラーメンチェーンの幸楽苑では「チョコレートらーめん」なる一品が発売されているのであった。2月1日から14日までの期間限定である。



 毎年この時期は、どこかの外食チェーンが甘味の冒険に走ってくれて、甘味好きにはたまらない季節なのだが、まさか、「チョコレートらーめん」とくるとは。さすがにこれは想定になかった。やってくれます、幸楽苑さま。

 というわけで、ここからは2月1日の初日、幸楽苑でわたしたちが交わした、リアルの会話。

 細君「どうする? ふたりでひとつずつ、普通のラーメンを取って、チョコレートらーめん≠ヘデザートにする?」
 わたし「うーん。いやこれは、主食になるとみた! せっかくだから俺は、この茶色いチョコレートラーメン∴齧{でいくぜ」

 細君は普通のみそラーメン、わたしはチョコレートらーめんを注文。店員さんは驚くこともない。なんとなれば、このチョコレートらーめん、けっこう店で推しているらしく、テーブルステッカーも貼りまくられている。



 写真でみる「チョコレートらーめん」はシズル感皆無。むしろ、食品サンプルっぽい見かけである。
 キャプションによると、定番の醤油ラーメンにカカオオイルを加味し、ショウガを乗せた新感覚のラーメン、だそうだ。

 さて着丼。見かけのインパクトがすごい。定番のノリの代わりに、板チョコが乗っているのだから。



 香りは――チョコのそれはしない。うーん、むしろ醤油ラーメン風味だ。
 スープはチョコでドロッとしているかと思っていたが――



 かなりサラサラ系。チョコフォンデュのようなものを想像していたので、これは裏切られた感じだ。



 麺は普通の縮れ麺。スープがそれほど絡んでくることもない。どれ、食前の祈りを射祷で飛ばして、さっそくひと口、いただきます。
 食べてみると――うん? これは悪くない。ゲテではないですよコレ。ただ、醤油ラーメンとチョコレートの味が交互に入ってくる。決して混ざってはいない。味のマリアージュというより、デコボコ夫婦という感じ。いや決して、成田離婚ではないのだけれど。

 わたし「これは、味の夫婦漫才やー」
 細君「(恐る恐る試してみて)思ったより食べられるね」

 なにより、たっぷり乗ったショウガが強いので、チョコの甘さがそれに無理やりねじ伏せられている印象もある。
 甘味好きとしては、もっとスープもドロっとチョコ粘度が高くて良かったのかも、と思わないでもなかったが、一般の人も食べることを考えると、それだとバランスが崩れてしまうのだろう。量的には主食として十分。



 スープも最後の一滴まで飲んで完食。美味しゅうございました。と言うか、珍しいものを食させていただきました。神に感謝。

 わたし「食後はやっぱり、なにか甘いものが欲しくなるね」
 細君「甘いラーメン食べたあとでそれを言いますか」

 だってやっぱり、これはデザートメニューではないよ。主食と思って注文したのは正解だった。

 お会計のとき、店員さんから訊ねられてしまった。

 店員さん「チョコレートらーめんはいかがでしたか?」
 わたし「美味しかったですよ。甘いもの大好きですから」
 店員さん「そ、それは良かったです」
 わたし「え、てことは、ダメっていうお客さんもいらっしゃるんですか?」
 店員さん「(苦笑して)ええ、まぁ、ゴニョゴニョ。ぜひお友だちにも宣伝してくださいね」

 あらら、初日だったけれど、あまり評判良くないのかな?
 正直、14日までの限定メニューなのでリピートはないと思うが、甘味好きなら体験しておいて後悔はしない珍味ではある(やっぱりそういうカテゴリかよ!?)。
 われこそは甘味好き、という自負をお持ちの方は、ぜひともお試しを!
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年09月22日

【甘味】Coca-Cola PLUS COFFEE

 コーヒーも好きだがコーラも好きだ。

 異論はあろうが、それも人工甘味料、アスパルテームとかフェニルアラニン、スクラロースを使用したものがいい。
 人工甘味料は後味が残って嫌だ、という人が多いようだが、自分にはそこまでの舌はない。カロリーがない上に虫歯にもならない人工甘味料の方が、総合的に見て優れているに決まっている、という偏見である。

 コーヒーに入れる砂糖も人工甘味料でいいのだが、細君がどちらかというと人工甘味料嫌い派なので、普通の砂糖にしている。
 細君とデートを始めた年代は、デニーズでもアスパルテームを提供し始めた頃で、わたしは好んでアスパルテームを使っていたが、細君が「後味が嫌いなの」と言って普通の砂糖を使うのに驚いた覚えがある。味なんて、変わんないじゃん(そう、わたしは味音痴)。

 この数年、わたしも自分で料理をするようになったので、人工甘味料と砂糖の差がわかるようになったかというと――これがまだわからない。そんなんで甘党を名乗るな、という罵倒が聞こえてきそうだが、いや別に、俺、グルメじゃないただの甘い物好きだし。むしろ甘けりゃ人工甘味料でもいい、という姿勢の方が真の甘党っぽくありませんか?(白目)

 さて、そんなコーラとコーヒーが好き、というわたしのために用意されたかのように、コーラの本家「コカ・コーラ」から「コカ・コーラ PLUS COFFEE」という一本が登場するというニュースが。
 今週の始めからの発売ということで、機会があるごとにコンビニやコカ・コーラの自販機で探していたのだが、一向に見つからない。
 やっぱりわたしの住んでいる街は田舎だなぁ、などと思いつつ、外回りで寄ったコンビニでついに発見。やっと手に取ることができた次第。



 盲点だったのは「缶」だということ。そうか、いまどきのコーラには珍しい「缶」だったのだな。今までずっと、無意識に「ペットボトル」を探していたから見つからなかったのかもしれない。

 というわけで、これから試飲しつつ、印象を書くことにする。

 おおっと危ない、コーヒーということが頭にあったので、シャカシャカ振るところだった。これは炭酸飲料。コーラでもあるのだ。

 ちなみに、裏面の惹句には「コーヒーの香りと炭酸の刺激」「プラス カフェイン(コーヒーパウダー由来)」「気分をシャキっとさせたいときに」と記してある。コカ・コーラ版のエナジードリンクという感じだろうか。

 では、開栓して、一口いってみまーす。

 ゴク、ゴク、ゴク……。

 なんだこれは!?
 コーヒーキャンディの味がする!
 コーラ? いやこれは、コーラ味ではないなぁ。

 思っていたよりもコーヒー風味が強い。そう、わたしの年代の人なら知っている「ライオネス・コーヒー・キャンディ」の味である。
 まずいというわけでは決してない。しかし、コーラと言われると、うーん、コーラなのかなぁ? と、首をかしげてしまう。

 とはいえ炭酸なので、食道から胃にかけて、炭酸飲料を飲んだ後の感触が残る。うーん、このあたりは、確かにコーラだ。
 コーヒーの味としては、決してうまいコーヒーではない。ロブスタ種っぽい後口である。

 正直、コーヒー好きにもコーラ好きにも遠慮しすぎて、中途半端になってしまった味、という感じ。
 あぁ、胃が膨らむこの感じは、確かに炭酸だなぁ。
 飲んでいるときは「ライオネス・コーヒー・キャンディ」。飲み終わった後は「コーラ」な感じという、不思議な飲料である。

 ごめん、正直、リピ買いはない、かな?
 気分をシャキッとさせたいなら、モンエナ飲んじゃうしねぇ。

 というところで、ちょっと残念な結果になってしまったが、味の好みは千差万別。あなたの舌にはとてもおいしいかもしれない。コーヒーとコーラの両方が好きなカフェイン党なら、一度は試してみるべき一本、かも。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年05月22日

【甘味】業務スーパー「抹茶チーズケーキ」

 わたしは業務スーパーのチーズケーキが大好き。牛乳パックの方ではなく、豆腐パックの方、「リッチチーズケーキ」である。



 もう一日三食、このチーズケーキでもいい、と思うくらい好き。亡き川島なお美さんが、「わたしの血液はワインでできているの」と言ったそうだが、わたしも「わたしの血液はこのチーズケーキでできているの」と言いたいくらい。いやそんな不健康な。血液、脂肪でドロドロやん。

 で、細君と業務スーパーをぶらついていると、この豆腐パックチーズケーキに新作が。



「リッチ抹茶ケーキ」!

 このところ、セブンイレブンその他でも、ちょっと抹茶ブームのようで、抹茶フレーバーのスイーツが増えている印象はあったが、いよいよ本丸にも来たか、抹茶の波が。これは食べてみなければなるまい。

 さっそく買って帰って、細君と試食。



 見かけは緑色のチーズケーキである。



 断面はこう。



 合わせの飲み物は、ケーキということで、いちおうコーヒーでいきますか。

 さて、一口。二口。んん? この味、他の店の抹茶スイーツとは違う。明らかに抹茶が強い。やるな業務スーパー。チーズケーキ味の方が希薄なのだ。

 そして口にしているうちに、チーズケーキというより、抹茶ようかんを食しているような気分になってくる。うーん、なんか複雑な気分。ま、これはこれで、もちろん美味しいのだけれど、ね。合わせは日本茶か抹茶ラテでも良かったかな。

 美味しかったけれど、やっぱりわたしは、プレーンなチーズケーキが好きだ。焼いてないやつ、ね。
 だって、わたしの血液は、チーズケーキでできているの(ドロッドロ……)。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年05月15日

【甘味】タリーズ「パフェバートストロベリー」

 年度初めの資金移動のため、五月だというのに氷雨の街に出て、ひと仕事終わらせ、ホッと一息。
 スタバにでも寄るかと、タッチ・ザ・ドリップの残金をスマホで見ようとすると、「アクセス負荷が多く現在利用できません。しばらく時間をおいて再度アクセスしてください」。なんと間が悪い。

 スイカやEdyはオートチャージ設定にしてあるのだが、なんとなくスタバはオートチャージにしていない。都度、オンラインで入力という吝嗇家のわたしである。
 これは単純に、スタバが自宅や事務所から歩いて行ける距離にない、ということと関係ありそうだ。近所にできてくれないかなぁ。スタバと業務スーパー(なんという意識高低な組み合わせ)。

 さて、雨の中を歩くのも疲れたし、最近は外出中、昼食もほとんどとらなくなりつつあるので、なにか甘いものがほしいな、と、頭を巡らせた。そういえば、タリーズで「T'sパフェバートストロベリー」、「T'sパフェバートクッキー&クリーム」が四月末に発売されていたはず(以前にも発売していた記憶があるのだが、期間限定メニューなのかも)。
 タリーズは駅前にあったな、と、足を向け、早速、初老過ぎの男が「T'sパフェバートストロベリー」を頼みますよ。



 今年はイチゴ系のスイーツを各種各店でいろいろ食べてきたような気がするが、これは正攻法、ストレートど真ん中のパフェである。イチゴは甘さオンリーではなく酸味も入ったもので、各種クリームとまぜて食べる微妙な味変えができて楽しい。



「君なんか写真と違わない?」こともなく、タリーズはまっとう真面目、メニュー通りの商品を出してくるのがいい。



 ごちそうさまでした。外を見ると、まだ小雨。今年は梅雨入りが早かった。天気予報によると、五月にして三月中旬の寒さだという。こんな時期にパフェを食べている自分にもあきれるが――



 あれっ? 新しいメニューが目の前に。
 もうひとつの「T'sパフェバートクッキー&クリーム」もとってしまった(笑)。



 こちらもド直球のチョコパフェである。チョコの味がわりと濃厚だ。クッキーとアイスの取り合わせもよい。



 と、ここで、ある「悲報」が携帯(スマホじゃない方)に届き、ショックでチョコを少しスラックスにこぼしてしまった。あぅー。
 外は氷雨がポツポツ続く……。うぅ、寒い。甘い。美味い。



 少し元気を取り戻して、午後の銀行回りへ。曇り空も晴れてきて、気分も上向いてきたかな。お、スタバのオンラインチャージも回復している。
 日も落ちてきて、最後にスタバで一服するかとなじみの店でCODを頼むと――

「すいませーん。今日、機械が壊れててCODをお出しできないんです」

 マジですか!?
 あーなんか、今日はいろいろ、間が悪い日だ。
 実を言うと、さっき書いた「悲報」は、細君のスマホが壊れたという報告なのだった。本当に今日は、いろいろと間が悪い。

 代わりに頼んだ、コールドブリューアイスコーヒー、これが存外に美味かった。
 これで厄落としなってくれればよいが。

 さて、細君の壊れたスマホ問題はどう解決するかねぇ……。

 追記:上記の問題は、当日のうちにsimフリー機を買うことでサクッと解決。細君がお財布ケータイ機能のヘビーユーザーなので、選択肢が少なかったことも結果的にはよかったようだ。

 そして帰宅すると、今日届くはずのAmazonからの荷物が届いていない。オンラインで調べてみると、不在で持ち帰りとなっているが、不在票すら入っていない。
 配送業者に連絡すると、なんと、近所の「結城さん」に間違って不在票を入れていたという。この近所の「結城さん」。以前も、ウチに届くはずだった角川からのお歳暮のお酒を誤配されたことがあり、それを承知で∴んでしまったといういわくつきのアレなお宅。あちらも不在でよかったよ、もう。

 本当に今日は、間の悪い日だ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味