2018年04月08日

【甘味】コメダ珈琲「シロノワールN.Y」と「コメ黒」

 クッタクタに疲れている聖週間のど真ん中の「受難の水曜日」。せめてカロリーを摂っておかねばと、そういえばコメダ珈琲が「シロノワールN.Y.」という限定メニューをやっていたことを思い出し、ロードサイドのコメダ珈琲へ。



 ついでに、コメダ珈琲では珍しい(初?)という、店内でドリップするという、ブラックで飲む「コメ黒」コーヒーを注文してみた。

 店員さん「こちら、ブラックとなっておりますがよろしいですか?」

 おぅ、そんな注意が入るのか(笑)。そっちがその気なら受けて立つぜ! いつもは濃縮コーヒー液を薄めて温めて出すというコメダ珈琲のコーヒー店としての本気、見せてもらおうじゃないの。



 店内は平日とあって空いているかと思いきや、けっこう若い人が入っている。そうか、今は春休みなんだなぁ。キャピキャピ(死語)した女子がサンドイッチなどに舌鼓を打っている横で、疲れたオッサンが甘味を求めてショボンと座っているの図。まぁいいじゃないですか。

 というわけで、来たのがコレ。



 シロノワールのアイスクリーム部分はニューヨークの摩天楼をイメージしているのかな?
 この時点で、なんだかちょっと違和感を覚えているのだが、まあ、腹も減っているし、受難中の主に射祈を短く飛ばして、いただきます。



 デニッシュパンの中にはクリームチーズがいっぱい。甘味というより、ずっしりとした主食感。うむ、悪くない。ソフトクリームをつけてパクパクと。



 やはり「甘味」というよりは「主食」な感じ。わりとおなかに溜まるシロノワールだ。
 さて、「コメ黒」。こちらはブラジル最上級の豆にキリマンジャロをブレンドしたものだという。

 が、が、んが――。

 すみません。コメダ珈琲さん。これならウチで、いいブレンド豆を挽いて、コーヒーメーカーで淹れるのとそう変わりないです。ハイ。
 ま、味覚音痴のわたしがいうことですから、話半分ということで。ハイ、ハイ。もちろんブラックのままで美味しいですヨ。でもこれで520円ですか、ふーむ。ねぇ……。
 正直、今の時代のコンビニコーヒーのほうが――ゲフンゲフン。

 とはいえ、シロノワールと合わせれば、やはり美味いのは確か。
 美味しい組み合わせで、甘味だけどおなかいっぱい。ごちそうさまでした。

 ところで、話はこれだけで終わらないのである。
 聖土曜日に、成果物の納品に細君と出張し、帰りに別のコメダ珈琲へ。そこで細君に「シロノワールN.Y.はけっこうおなかに溜まるよ」と提案し、取ってみたのである。



 ん?
 あれ?

 ここで、先日撮った一枚目の写真をもう一度見てみましょう。



「君なんか写真と違わない?」

 先日、わたしの前に出された「シロノワールN.Y.」のデニッシュには、デニッシュ部に砂糖がほとんど掛かっていない!
 し・か・も――



 このシロップが一緒についてこなかった!
 店員のお嬢さんに尋ねてみる。

 わたし「このシロノワールN.Y.、シロップって普通、つけるものですか?」
 お嬢さん「はい。普通つけますが、もしお好みでなかったら使わないでくだされば」

 シロップ、お好みだよおぉおお! 甘いの大好きなんだよおぉおお。

 この前行ったコメダ珈琲。疲れたオッサンの甘味オーダーだと思って、シロップを出し忘れていやがったのだ! 甘味好きの中年男性なめんなよ!

 この「シロノワールN.Y」。期間限定だそうである。これから試してみようという、甘味好きのオッサンは、店側の「シロップの出し忘れ」にご注意のこと。

 うん、やっぱり、シロップを掛けると甘くてうんまい! 
 今日は細君と半分こ。あとはジェリコなんぞを取って、少し精気を取り戻した感じ。

 このコメダ珈琲は新店舗とのことで、帰りがけに粗品をいただいた。
 ま、シロップの件はこれでチャラにしてやんよ(居丈高)。

「【甘味】パンツァーケーキ改はジムだった」に続き、あれですよ、どうも甘味メニューは、届いたらちゃんとメニューと照らし合わせて――

「君なんか写真と違わない?」

 かどうか、確かめたほうがよさそうである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月23日

【甘味】カルディの「ゲイシャ」とファミマの「たべる牧場ミルク」

 そういえば、ニャンニャンニャンのネコの日、カルディにネコトートを買いにいったとき、「イースターブレンド」として「ピーベリー」の豆を売っていたなぁ、と思い出し、細君と買い物のついでにカルディへ。
 目的の「イースターブレンド」を店員さんにお願いしたら、細君がチョンチョンと袖を引いてくる。

「ねぇねぇ、ゲイシャ売ってるよ」
「えっ」

 確かに「いつもは取り寄せのゲイシャがご購入いただけます」とポップが。1,500円となっている。しかしグラム数が書いてない。
 このお値段だと、量はほんのちょっとなのだろうなぁ、と、店員さんに訊いてみる。

 わたし「すみません、このゲイシャ、何グラムで1,500円なんですか?」
 店員さん「はい。200グラムです」
 わたしたち「えっ、それって」

 このときの店員さんとわたしたちの表情の落差が面白かった。おそらく、店員さんは「高い」と言われると身構えたのだろう。が、わたしたちの答えが――

 わたしたち「すっごく安くありません!?」

 店員さんの顔が、パァーッと輝いた。「そうなんです。とってもお買い得なんですよ」
 いや実際、200グラムのエチオピアのゲイシャが1,500円というのは超破格である。焙煎してから日が経っているとか、もともとソーティングが甘いとか、きっとなにかウラはある豆なのだろうなぁ、と想像はできるが、買わない理由はない値段である。

 というわけで、今夜の甘味のおともは、カルディで買ったエチオピアのゲイシャで。



 いちおう、エチオピアのゲイシャとなっている(なにを疑っているんだか)。
 豆はこんな感じだ。うん。ゲイシャ特有のフローラルな香りがする。



 手引きミルで中粗挽きに。うん。いい香り。腐っても(まだ疑っている)ゲイシャだ。



 淹れるのはコーヒープレスで。一番簡単そうに見える淹れ方だが、同時に、良い豆のときはこれが一番美味い。



 浸漬も適度にいい感じ。カップに注ぐと、フローラルなゲイシャの香りが部屋に漂う。



 わたし「やっぱりゲイシャだねぇ」
 細君「美味しいねぇ」

 それは一級品のゲイシャと比べれば味は落ちるのかもしれないが、わたしたちのような一般国民には十分すぎる美味さである。
 さて、これにあわせる甘味は――



 ファミマ限定で、店に出るとすぐ売れてしまうと評判の「たべる牧場ミルク」。これを少しづつ溶かしながら舌に乗せ、ゲイシャと交互にチビチビと。

 わたし「美味しいねぇ」
 細君「ゲイシャと良くあうね」

 『【日記】くら寿司「ティラミスシ」&ローソン「ベイビーゲイシャ」』のときは、ブラックで最後まで飲んだので、今回はミルクと砂糖も入れて楽しんでみようと思っていたのだが、「たべる牧場ミルク」と一緒に楽しんでいたら、その必要もなく最後まで飲みきってしまった。


(「たべる牧場ミルク」も文句なく美味しい。ちょっと溶けかけを食べるのがオツ)

 飲み終わったあとも、ふんわりとゲイシャの香りが部屋に満ちていて、ちょっと幸せな夜のデザートであった。

 後日、サイフォンで同じゲイシャ豆を淹れてみたが、これはどうも香りが飛びすぎてしまい、細君はコーヒープレスの味の方が好きだとのこと。けっこう淹れ方を選ぶ豆だなぁ、と思った次第。いろいろ試しがいがある豆だ。

 まだカルディに売ってるかな、ゲイシャ。
 いやまだ一緒に買ったイースターブレンドのピーベリーもあるんだよな。ほかにも飲んでない豆が数袋あるし、いかんなぁ。
 なんだか、コーヒー豆ばかり増えていく春である。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月20日

【甘味】スシロー「苺すぎるパフェ」

 細君が倒れた!
 いや、でも、すぐ立ち上がったの。

 細君は倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 だからね、細君は倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 こんなネタ、おそらく日本人1.27億人の中で、わかるのは数人しかいないと思われる(笑)。
 これは、タモリさんのオールナイトニッポンに忌野清志郎さんがゲストで出る予定だったとき、なにか都合でこられなかったことがあり、それでタモリさんが――

「清志郎は倒れたの! ね」
「でも、すぐ立ち上がったの」


 これをニッポン放送のスタジオで連呼して、そのたびにスタッフが爆笑。つられてリスナーも深夜に爆笑。今でも思い出すと、なぜかおかしくて涙が出るほど笑ってしまう。
 どなたか、この夜の放送のことをお覚えでいらっしゃいましたら、メールください。一緒に盛り上がりましょう。

 なんの話だっけ?
 そう、細君が倒れたの!
 でも、すぐ立ち上がったの。

 ほら、笑うでしょう?
 倒れたといっても、それほど心配はないよ、という深い意味もあるのである。ま、ちょっとした風邪である。

 で、外に出たついで、今夜は持ち帰り寿司にするか、と、いつもなら一人では入らない回転寿司「スシロー」に寄ると、なんという大混雑ぶり。持ち帰り寿司も40分待ちだという。
 そこで、最近評判の「スシローのスイーツ」を試してみるか、と、お一人さまでカウターへ座った次第。大勢待ち客がいても、一人カウンターならば10分もしないで案内してくれた。
 聞いた話だと「スシロー」は「スシローカフェ部」を発足し、甘いものにも力を入れているとか。さて、見せてもらおうか、「あきんどスシロー」の本気のスイーツとやらを。

 というわけで、この3月14日から発売(期間限定)という、スシローが一番自信を持っておすすめすの「苺すぎるパフェ」をパネルから注文。
 惹句には「苺すぎるパフェ――フレッシュ苺が、なんと14粒も入った、スシロー史上最も贅沢なパフェに仕上げました。みんなでわいわい、シェアしながらお楽しみ下さい!」とのこと。





「ご注文の品はレーンに乗って回ってきます」と表示されたので、パフェが回ってくると思い、わくわくしながらカメラを用意して待つこと十数分。ちなみに同パフェはレーンには回っていない。やはり注文専用らしい。

 と、いきなり後ろから――
「パフェ、お待たせいたしましたー」
 店員さんが手に持ってやってきた。ひょ、てっきりレーンを回ってくるのだとばかり思っていたから虚をつかれてしまった。
 さて、「苺すぎるパフェ」、そのいでたちは――







 およ、練乳なんてものもついてくる。
 上から見ると――



 美味しそう!
 さっそくいただきます。神に感謝(四旬節なのにー。でも昼食代わりなのでゴメンナサイ)。
 練乳を掛けなくても、苺は十分甘い。しばらく食べて減らしたところで、せっかくなので練乳投入。



 横についているハートの大きいのは、クッキーかと思っていたら、スポンジ生地である。



 全体の味としては、剛速球の「苺パフェ」だ。いよいよサクサクのフレーク部へ突入。



 ここから先は、撮影を忘れ、美味い甘い幸せーと食べつくし。
 ふと見ると、このパフェのカップ、スシローカフェ部のマークがついているのですな。気づかなかった。


(わかるかな……。ビミョーに「スシローカフェ部」のロゴが)

 さぁて、総評としては、さっきも少し触れたとおり、直球ド真ん中の苺パフェである。カップがガラスでない(プラスチック製)のが残念かな。味は美味しい、甘くて幸せ。しかし、量はもっともっと欲しかった。惹句では「シェアして」などと書いているが、「スシローカフェ部」は甘味好きをナメている。この程度の量では、お一人さまでも腹三分目である。

 なにしろ、この「苺すぎるパフェ」、お値段税込み1,058円である。『【甘味】デニーズ「とちおとめのザ・サンデー〜キャラメリゼ仕立て」』で食べた苺のキャラメリゼサンデーは、あのボリュームで税込み862円なのである

 さすが、あきんど<Xシロー!

 イチゴの粒数が多いから仕方ないのかもしれないが(以前記事にしたデニーズの『【日記】苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺苺!のザ・サンデー』でも11粒)、こういうスイーツの満足度は、単なるイチゴの粒数競争ではないのだなぁ、と思ったり。

 パフェの甘さは十分だったが、デニーズに比べお財布には辛い、と感じてしまう甘味者なのでした。
 というところで、この「苺すぎるパフェ」、期間限定メニューとのことなので、試してみたい方は是非スシローへ行って、あきんどぶりを堪能してきてくださいな。

 あ、そうそう、ご心配なく。
 細君は倒れたの!
 でも、お寿司を持って帰ったら、すぐ立ち上がったの。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月18日

【甘味】デニーズ「とちおとめのザ・サンデー〜キャラメリゼ仕立て」

 出張のために外出。平日の昼に街を歩いていると、おや、デニーズに幟が立っている。







 腹は減っていなかったが(わたしは定時に食事を摂るのではなく、空腹になったら食べるタイプ)、春の陽気に誘われて、どうにも食指がムズムズと……。
 気づいたら店内に入ってしまっていた。

 さっそく席に案内されると、ラミメニューがババン。



 これは食欲ならぬ甘欲≠そそる。イチゴの名品「とちおとめ」を使い、上から――
 ・フレッシュ苺
 ・クレームムースリーヌ
 ・バナナ
 ・苺ソルベ&バニラアイス
 ・サクサクのパイ
 ・苺ゼリー&ナタデココ
 ・フレッシュ苺
 ・苺クリーム
 ・苺ソース
 ・バニラアイス
 ・苺ソース

 と、重層につくられたサンデーである。しかも何たる偶然か、今日(2018/03/13)からの新メニューらしい。頼まない理由がないですな。
 これは楽しみ、と、ランチもとらずに注文。なんか、向かいのOLさん二人に笑われているような気がしないでもないが、気にしなーい。

 待つことしばらく、来ましたよ――。





 あまりの充填ぶりに、上のイチゴが一個、ポロンと落ちてしまっていた。



 ウェイトレスのお嬢さんも謝ってくださったが、別に食べられれば気にしないのでよし。
 上から見たら大迫力だ。



 食べてみると、イチゴの酸味、キャラメリゼのほのかな苦味、クリームの甘味、アイスの冷たさが心地よーい。
 次の打ち合わせの時間を頭に入れながら、ゆっくりとパクパク楽しんで、ふー、ごちそうさまでした。



 このメニューも「期間限定」とのことなので、イチゴのサンデー好きは、ぜひ、デニーズへGOということで。

 あぁ、やっぱり春はいいな。甘いものを楽しむと体調も良くなる気がする。
 えっ、この先、また寒くなるの!? うーん。まぁ、三寒四温のシーズン、本格的な春になるまで、耐えるしかないですな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年03月13日

【甘味】スタバ「ムースフォームラテ」

 スターバックスからメールで、下記のチケットをいただいたのだった。



 別に「無料」ではなく「有料」である。2018/03/15(木)に新発売される「ムースフォームラテ」を、先行して水曜日までお試しいただける、というチケット。

 せっかくだから、と、外出する用事もあったので、ショッピングセンター内のスタバへ朝いちで。最初のお客ですよ。

 カウンターのお嬢さんにスマホの上記画面をみせて――
 わたし「すみません、これをお願いできますか?」

 すると、お嬢さんの顔色がサッと変わった。なんでやねん。

 お嬢さん「申しわけありません。こちらの商品、今日、仕込みに失敗いたしまして、ご提供することができなくなってしまいました」

仕込みに失敗いたしまして!

 なんともまあ。では仕方ない。ここでCODなどを取ってのんびりせず、さっさときびすを返すのが俺よ。
 というわけで、電車に乗って中心街のスタバまで行くことに。
 おっと、ここでいいことが。JR内のAQUAでしか売っていないという、ダイドーの「甘美なふって飲むショートケーキ」缶を発見したのである。



 やったぁ。これ、去年の12月発売だったのでいまさらだが、わたしは今まで、なかなかめぐり合えなかったのだ。



「5回程度振ってから」との注意書きがあるが、わたしはシャコシャコと10回も振ってしまった。
 その結果がコレ。



 ん、フリフリ10回でも悪くない感じだ。飲んでみると、んー、まだ塊部分も残っていて、喉越しは甘い湯豆腐を飲んでいるよう。なんというか、ショートケーキをミキサーにかけて飲んだらこんな味だろうなぁ。という食感である。
 いや、決して悪くない。甘味者としてはお勧めの一品である。もう一度めぐり合ったらリピートしちゃうね、コレ。
 わたしの地元だと、なかなかAQUA自販機の中に入っていることが少ないのが残念だ。

 さて、二駅越えて、駅ビルの中のスタバへ。
 そこで例のバーコード画面をカウンターのお兄さんに見せたら、笑顔で「ご利用ありがとうございます」と言ってくださいましたよ。ホッ。ここでは――

仕込みに成功!

 していたらしい。ホットとアイスが選べるが、今日はホットをお願い。サイズはトールのみだ。
 さて、いただいたのがコレ。見かけは一見、ふつうのコーヒー。





 提供台のお嬢さんいわく「こちら、フォームミルクがたっぷり入っておりますので、ぜひ、リッドをしたままお召し上がりください」とのこと。
 となるとリッドを開けてみたくなるのが人情。席についてリッドを開けてみると――



 なるほど。フォームミルクが本当にたっぷりだ。
 リッドの飲み口のフタは、コーヒーのそれと違って、プチリと取れるようになっている。



 では再びリッドをして、一口。うん。コーヒーだ。エスプレッソにフォームミルクをたっぷり乗せたもの。そしてこのフォームミルク、全然甘くない。
 我が家でもミルクフォーマーで泡立てたフォームミルクを、ブラックコーヒーに乗せて飲むことがあるので、この味は嫌いではない。が、甘味ではないな、コレ。



 コクコクと飲んで、フォームミルク下部のコーヒーがなくなると、いきなり飲みにくくなる。リッドを開けてみると、フォームミルクがけっこう溜まったままだ。この粘度は自宅のミルクフォーマーではでないなぁ、などと当たり前のことに感心。
 いい歳をしたオッサンが、カップを唇につけて持ち上げ、その底をトントン叩いて中身を喉へ落とす、などというような恥ずかしいことはさすがにできなかったので、コンディメントバーへ行って砂糖を一袋いれ、スプーンを貰ってくる。



 かき混ぜて、すくうように食べると、このフォームミルクが――

うんまい!

 甘味好きなわたし。最初にリッドをあけたとき、そこに砂糖を入れてから飲んだ方がよかったかもな、と反省。

 このスタバの「ムースフォームラテ」。2018/03/15(木)から全国発売(ただしホットは2018/05/08までの期間限定)されるとのこと。
 次は、この密度の濃い粘度たっぷりのフォームミルクに、砂糖をひと袋分ふりかけて、自然に溶けるのをゆっくりと楽しみながら飲んでみるか、と思わせた一品であった。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味