2018年03月01日

【甘味】ローソン「ポムポムプリンまん」

 友人宅からの帰り道、ちょっと前にコンビニのローソンで飲んだコーヒー「ベイビーゲイシャ」の味が忘れられず、細君と一緒にもう一杯ずつ、とロードサイドにローソンをみかけるたびに寄るのだが、ない。

 一緒に、「ポムポムプリンまん」という「あんまん」も限定発売になっているはずなので、それと一緒に「ベイビーゲイシャ」を楽しもうと思っているのに「ポムポムプリンまん」すらないのである。どの店も什器に入ってすらいない始末。

 市内に入り、こうなったらもう意地である。知っているローソンめぐりを開始するが、本当にどこの店にも「ベイビーゲイシャ」と「ポムポムプリンまん」はない。

 以前、「ベイビーゲイシャ」を飲めた店にもなかった。
 あのとき、「ベイビーゲイシャ」を飲めたのは僥倖だったのだなぁ、と、細君と大仰に溜息。

 最後に、市からちょっとはずれたローソンまで行ってみたら、「ベイビーゲイシャ」は
なかったが「ポムポムプリンまん」をついに発見。
 こうなったら、怒りの全部買いである。と言っても、最後の二個だったのだけれどね。

 と、書いてきたが、実は「ポムポムプリン」がなにものなのかわかっていない。

ポムポムプリン
ポムポムプリン(ラテン文字表記:Pom Pom Purin)は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。デザイナーは地井明子。別名、ぼく、プリン。
主人公、プリンは、ゴールデン・レトリバーの雄をモチーフにしたキャラクターである。
(Wikipediaより引用)


 へぇー、そういうキャラクターだったのか。

 さて、もう夜も更けてしまったので、今夜のコーヒーはデカフェにしましょう。



 そしてこれが「ポムポムプリンまん」。可愛い!





 アップにしても可愛い。これは食べちゃうのがかわいそうな可愛さ。
 ちなみに敷き紙も「ポムポムプリン」仕様。凝ってるなぁ。



 ずっと眺めているわけにもいかないので、エイヤッと割りますヨ。


(あああ、なんてことを……)

 そしてこれが、ポムポムプリン頭部の断面図となります。




(作:雁屋哲/画:花咲アキラ「美味しんぼ」11巻より)

 山岡「ポムポムプリンの脳みそです。新鮮なポムポムプリンの脳ミソはそのままカスタードクリームとなっていますので、それをやわらかい皮でつつみました。


 山岡さんの講釈はともかく、甘くて美味しい! 可愛い「ポムポムプリン」を食べる罪悪感もどこへやら、細君と一緒に、深夜にウマウマとカロリーを摂ってしまった。
 BSEも気にせず、「ポムポムプリン」の脳みそ(脳みそ言うな)を食べられる現代のわたしたちは幸せ者だ(笑)。

 ごちそうさまでした。
 あーそれにつけても「ベイビーゲイシャ」、もう一度飲みたかったな。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味

2018年02月28日

【甘味】ハーゲンダッツ「栗あずき」「桜あん」

甘味者は言う。なんという強気、なんという強気。ハーゲンダッツは強気。
(甘味者の言葉 1:1)


 と、思わず売り場で「コヘレトの言葉」のパロディが頭に浮かんでしまうほど、ハーゲンダッツは強気である。

 2018年2月27日より期間限定発売という「栗あずき」と「桜あん」アイスのこと。
 お値段一個三百円(税込)。甘味好きとはいえ吝嗇家のわたしのお財布には堪えますよ。

 しかし、発売日の売り場でコレを見てしまったからには仕方ない。



 うぉお、やるなハーゲンダッツ。強気!
 左が「栗あずき」、右が「桜あん」である。

 さっそく買って、コーヒーと合わせつつ、細君と賞味。



「和」な感じがふわりと早春を感じさせるお洒落なケース。フタを開けてみると――



 おぉ、小豆が甘そうアンド華やかな桜色。これは期待度大。わくわくするね。

 まずは「桜あん」。



 一口。おっ、これはまさしく「桜もちのアイス」。華やかな味わいで、ちょこっと塩味も効いている。桜ソースを食べきってしまうのがもったいない。まだ寒い二月だというのに、ちょっと春めいたわくわく感。

 そして「栗あずき」。



 こちらは純和風。「小豆もちのアイス」。栗の味がアンコにふくらみを与えていてとても美味しい。

 両者とも、細君と二人で半分こだが、さすがハーゲンダッツ! 無口でウマウマとソースの最後の一滴まで食べてしまった。

 チェーン店でスイーツ食べ放題の「スイーツパラダイス」では、プラス200円(税込)でハーゲンダッツも食べ放題になる店があるのだが、今まで利用したことはなかった。次回「スイパラ」へ行くときは、ちょっと悩んでしまいそうである。うーむー。
(ただしハーゲンダッツがケースのまま取ってこられて食べ放題というわけではないし、種類も少ないのである。だから悩むのだな)。

 そうそう、なんだかんだと「甘いもの記事」が増えてきたので、【日記】から【甘味】へと独立させた。今までの記事もタグ変更するかどうかは思案中である。よしなに。
posted by 結城恭介 at 08:00| 甘味