2019年11月09日

【日記】教えるということ

 文化の日を挟んだ三連休に、ルービックキューブの日本大会が開かれていたとのことで、ツイッターで、運営の大変さの声や、参加者の楽しそうなつぶやき、いろいろな情報を読み、皆さんの努力や技、キューブにかける情熱に感心している。
 まあ、わたしのような超々初心者には無縁な場所だが、近くで開かれるのなら是非とも見学してみたい。百聞は一見にしかず、上手い人の指遣いを生で見られたら、またなにか、新しいものが得られるだろうと思うから。

 さて、そのTLの中で、ちょっと面白いつぶやきがあった。

 上級者「キューブわからない」
 中級者「キューブわからない」
 初心者「キューブを速く回すコツ教えます」


 こんな感じだったかな? 「いいね」がそこそこついていたと記憶している。
 しかしこれ、ちょっと謙遜、あるいは驕り過ぎだ。正確にはこうだろう。

 上級者「キューブわからない」
 中級者「キューブを速く回すコツ教えます」
 初心者「キューブわからない」


 まあこれだと、三段オチにならないので「いいね」はつかないだろうが、実際、どんなことでも、上記のような現象は自然発生するのである。

 たとえばピアノの世界を考えてもらえばわかりやすい。ピアノの先生はもちろんピアノが上手い。上手いが「世界的な芸術家」ではない。
 これはピアノの先生を揶揄しているのではない。逆に「世界的な芸術家」ではなくとも「ピアノを教える人としては一流」という人はいらっしゃる。そして、そういう方が教えた人の中から「世界的な芸術家」が登場してきたりする。

 もっとわかりやすいのはスポーツの世界。名コーチがすべて、現役時代に名選手だったわけではない。現役時代は中堅選手だった人が多いのではないかと思う。むしろ、一流選手が現役を引退して、監督やコーチになってみると、教え下手で、将来ある選手が潰されてしまったりするものだ。

 つまり、その事象の上級者が、必ずしも「それを教えること」の上級者ではない、ということ。これは三段オチの笑い話にしていいことではない。

 中級者の中に「教えたがり」がいるのは、「人に教えることで、自分もまた学んでいく」ことを知っている人がいるからである。
 初心者が「わからない」のは、事象を体系的にまだ把握していないからだ。中級者はそれを掴みかけているので、人に教えることで、自分の中で整理されて、自分の腕に磨きをかけることができる。これはとても良いことなのだ。

 上級者が「わからない」のは、人に教えることができないサムシングを体得し追求中だからである。教える術がないものを得た人が上級者になるのだ。それが「芸術」になったり「道」になったりする。

 以上、上級者、中級者、初心者、それぞれに意味がある。これのどれかを笑いものにするような人は、おそらく、なにをやっても、真の中級者、真の上級者にはなれない。

 そんなことを考えさせてくれるつぶやきであった。

 さて、実はこの事象はもう一段階上がある。

 玄人「……(無関心)」
 上級者「わからない」
 中級者「コツ教えます」
 初心者「わからない」


 その道を究め、日常で、自分がどれだけ神業を使っているのかが把握できなくなった人(玄人)は、その事象に、むしろ無関心になってしまうのだ。そして別の趣味に熱中し、それがまた、下手くそだったりする(笑)。医者の不養生とか、紺屋の白袴とかとはちょっとベクトルが違うが、あれかな「ヘタの横好き」の大半がそんな感じではないだろうか。

 人間とは、かように業が深く、摩訶不思議で、なんとも探究心の尽きない存在なのである。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年11月06日

【日記】法人はパーフェクトパーソンであるということ

 これは、わたしが会社を作ったとき、法人会の先輩に言われたことなのだが、法人というものは、法によって成立が約束された一人の人格であり、それは「パーフェクトパーソン」――つまり完全な人格を当然のように期待される存在だ、ということだった。

 つまり、普通の人間のように「忘れちゃった」、「知らなかった」、「あとでやろうと思ってた」、「ずぼらでしたごめんなさい(テヘペロ)」が許されない存在が「法人」なのである。

 この記事がアップされる頃は、もう旧聞になってしまっているかもしれないが(ネットの時間経過も速いが、マスコミが事件に飽きるのも速いことよ)、タレントであるチュートリアルの徳井さんという方が、ずさんな会社経営をしていて、東京国税庁に追徴課税を受けた、という。
 三月末決算の会社で、徳井さんお一人が役員の一人会社とのこと。
 だが、その運営内容を聞くと、これは確かに、ちょっと信じられないという放置ぶりである。

 ここで、これから商業法人を作ろう、と考えている方のために、商業法人を作るとどんなことが求められるかを、主に税務署との関わりを通して記してみよう(ただしわたしの地方の場合で、別の地域の場合、違うことも多いかもしれない)。零細企業〜小規模会社の、三月決算の会社の場合のスケジュールだ。

 まず、全体を俯瞰すると、会社を設立した初年度には「新設法人説明会」というものがある。ここで法人会に誘われて入会したり。法人会には入っておくに越したことはない。いろいろと税金に関する情報が得られるから。
 そして毎月10日までに、その前月に徴収した源泉所得税を納付しなければいけない。が、徳井さんの場合は役員一人なので「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」を出していると思われ(たぶん)、これをしておけば、半年ごと、1月20日、7月10日までに納付すればよい。

 一月――「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」をしていたら、20日までに納付。これは以前は10日までだったが、いつの間にか20日までに延長されていた。
 また、月末までに「法定調書」の提出がある。これは税務署と市役所、区役所宛てにそれぞれ書類を作成して提出。

 二月から三月――この月は個人の確定申告がある。この確定申告をして個人事業者は住民税額が決まる。徳井さんはこれもしていなかったとのこと。15日までに所得税を納付。月末までに消費税を納付。
 三月は多くの会社が決算月でもある。棚卸をして期末商品・製品棚卸高を確定(徳井さんの場合、棚卸はなくてもよさそうだ)。この月締めで決算をして、会計ソフトは年度を入れ換える。
 三月決算の会社の場合、その期の法人税、法人市民税(均等割含)、法人県民税(均等割含)は二ヶ月後の五月末までに納付しなければならない。
 毎年、税金関係の法改正があるので、三月中に「決算期別法人説明会」が開かれるのでそれに出席してチェック。

 四月――まずは「決算報告書」づくりである。これらがすべての税務書類の基本となるからだ。
 決算が終わったら、株式会社の場合は遅滞なく「決算公告」を行う。これは実はやっていない会社が多いが、やらないと科料も払わなくてはいけない犯罪である。取り締まられたら震えあがる会社は多いはず。おそらく徳井さんもブッチしていたことだろう。でなければマスコミが徳井さんの会社のそういったデータを公表しているだろうから。
 一人会社の徳井さんの場合、株主総会・役員会議は無縁でヨシ。

 五月――決算報告書をもとに、国税、県税、市税の書類を作成。税金の納付額を確定する。また、税務署用に「法人事業概況説明書」を作成。これが地味に面倒。
 そして五月末までに、上記の税金を銀行などに納付。なお、国税が赤字の場合、納める法人税はゼロだが、法人県民税均等割、法人市民税均等割は納付しなければならない。
 同時期に法人会の会費と、自動車税の納付もあるから、けっこうおサイフ的には痛い月。
 よく、「あの大会社が法人税を納めていないとは」と拳を振り上げる人がいるが、収益を法人税や社内剰余金に回さず、従業員の賞与などに反映させる会社のほうが、(従業員にとっては)よほど「ホワイト企業」なのである。このあたりの法人経理の仕組みは、知らない人は本当に知らない。ま、「社員」と「従業員」の区別がついていない人が大抵だからね。

 六月――法人確定申告を終えて、ホッと一息。

 七月――上記で「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」をしていたら、10日までに納付。

 八月から十月――会社が一番、税務署との関わりで無縁でいられる時期。徳井さんも自由を満喫できた、かな?

 十一月――年末調整に向けて「年末調整説明会」。

 十二月、年末調整。ま、このあたりはひとり会社の徳井さんには無縁だろう。

 とまあ、一年を通すとこんな感じ。他に年金と健康保険関係があるが、それは省略。

 そして、株式会社の場合、二年〜十年ごとに役員の任期改選があり、法務局へ登記しなくてはならない(定款による)。徳井さんの会社は2009年創業だそうだから、ひょっとしたら今年がそれだったかも。ま、これもブッチでしょうねぇ。

 なんとも面倒だな、と感じた方も、こんなもんか? と感じた方もいらっしゃると思う。が、実際、小さい会社の場合、リソースの四分の一から三分の一は、こういったこと(会社経理)に係わっていると言ってもいいくらいだ。

 徳井さんの場合、稼いでいるのだから、一人、経理の人間を雇って、あとは税理士に任せれば良かったのだ。
 それにしても、個人の確定申告すらブッチしていたというのは、社会人としても信じられないことだ。納税意識というものが欠如しているコドモと言われてしまっても仕方がない。

 冒頭にも書いたが、法人は「パーフェクト・パーソン」であることが求められるのだ。徳井さんの言い訳である「ルーズですみません」で済む話ではないのだ。

 今はタレント活動を自粛なさっているそうだが、タレントとしての才能はおありなのだろうから(ごめんなさい。良く知らないのです)、追徴課税を納めたら、会社は解散なさって、サラリーは源泉徴収済のものを吉本興業からいただくようにしたほうが、徳井さんのご本人のためにも、またイメージ的にも良いのではないかと思われる。

 世の中の、個人確定申告すらしたことがないというサラリーマン諸氏諸嬢、あなたがたは、ある意味、面倒なことを会社任せにできて幸せなのですよ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年11月02日

【映画評】イエスタディ

 映画館の番宣でこれのトレーラーを見たとき、「アレッ?」と思った。このアイデアはもう作品化されている。藤井哲夫先生原作で、かわぐちかいじ先生がマンガ化した「僕はビートルズ」がそれだ。


(原作:藤井哲夫/画:かわぐちかいじ「僕はビートルズ」1巻より引用)

 ちなみに、「僕はビートルズ」のストーリーはこんな感じ。

 現代の日本でビートルズのコピーバンドをやっていた四人は、ひょんなことから、ビートルズがデビュー直前の1961年にタイムスリップしてしまう。紆余曲折あって、彼らはビートルズよりも先に、ビートルズの楽曲を演奏して売り出すことにし、世界的な大ヒットとなってしまう。さて、彼らと、ビートルズの運命やいかに――


 もちろんわたしは、本作品の監督や脚本家が、「僕はビートルズ」を見てそれをパクった、などとは言わない。以前から書いているとおり、アイデアは海の水をすくうようなものだからだ。同じビーチで水をすくえば、同じような成分になる。同じ海で同じ魚を穫れば、生なら同じ味がするだろう。
 しかしこの同じ魚をどう料理するかが料理人の腕。その東西の差にがぜん興味が沸いてきた。というわけで、やっているハコも少ないが劇場へ足を運んだ次第。

 あらすじ――ジャックはイギリスの片田舎で、売れないシンガーソングライターをしている。幼なじみのエリーはマネージャーとして献身的に彼を支えているが、二人の距離は微妙な関係。
 今日もショボいステージで歌ったあと、ジャックは弱気になり、エリーに励まされつつ、ひとり自転車で帰路につく。
 と、そこで、世界規模の十二秒の大停電≠ェ起こる。折り悪くジャックはちょうど通りがかったバスにひかれてしまった。
 ベッドで意識を取り戻したジャック。退院祝いでもらったギターを使い、仲間たちの前で、今の気分を歌うつもりでビートルズの「イエスタディ」を歌い出すと、みながシンとする。
「いい曲だわ」とエリー。だが誰も、それがビートルズの曲だとは知らない。からかわれているのだと激怒したジャックは、エリーとなかばケンカ状態でひとり家に戻り、インターネットで「beatles」と検索してみる。しかし出てくるのは「甲虫」ばかり。なんと、この世からビートルズの存在が消えていたのだ。もちろん、その楽曲ともども――。
「あの芸術が失われた世界なんて!」ジャックはなかば状況に巻き込まれるように、ビートルズの楽曲を歌い、そして徐々に話題になり、やがては世界をまきこんだ大ヒットとなっていく。
 反面、ジャックは大きなプレッシャーに潰されそうになりつつ、また、エリーとの間に開いていく溝に悩む。
 さらには、ビートルズを忘れていなかったのはジャックだけではなかった。彼の前に、黄色い潜水艦の模型を持った二人組も現れ――


 ネタバレ記事にはしたくないので、このあたりまでにしておこう。

 さて、年齢的に言えば、わたしはビートルズ世代ではない。わたしの上の上くらいがビートルズに熱狂した世代である。そんなわたしでも、もちろんビートルズの有名な曲は知っている。
 さらには、ビートルズにはちょっと苦い思い出もある。中学のとき、同じクラスの女の子がとてもビートルズが好きで、皆にアンケートをとったことがあったのだ。当時のわたしはクラシック一辺倒だったし、ビートルズの真価のなんたるかを理解していなかったので、ちょっとキツめの答えを書いたような憶えがある。その女の子を傷つけてしまったのではないかと、今でも逆にトラウマなのだ。

 和製の「僕はビートルズ」はコメディではなく、シリアスドラマで、よく調べてあるなぁ、原作の藤井哲夫先生はかなりのビートルズマニアなのだろうな、と思っていたが、今回の映画で評論家が「僕はビートルズ」を酷評していた(らしい)という話を聞いて、「いやあマニアの世界は深いなあ(コナミ館)」と感嘆するばかりだ。

 それくらいのビートルズしか知らないわたしだが、本作「イエスタディ」は楽しめた。ビートルズのあれこれを知っていれば、もっと楽しめたのだろうな、と残念に思う。
 コメディだが感動的なシーンもある。ジャックが大きなプレッシャーの中、大観衆を前に歌った「Help!」は鳥肌ものだったし、イエローサブマリンの二人組とのやりとりや、その後に起こるミラクルには、心が暖まった。

 反面、ストーリー構造としては、「僕はビートルズ」はビートルズ抜きにしてはできない話であるのに対し、本作「イエスタディ」は、主人公を絵描きにして、タイトルを「ゲルニカ」にしても成立する。中身は突然のヒットに巻き込まれた主人公と、微妙な関係にある幼なじみの女性とのラブコメでもあるからだ。
 そういった甘い点は、むしろ、わたしのようなビートルズマニアでない者でも楽しめる、というメリットに傾いているように思う。

 ラストも実に良かった。「僕はビートルズ」のエンディングも余韻があって良かったが、エンディングの軍配は本作「イエスタディ」にあげたい。
 本作「イエスタディ」を観ると、また「僕はビートルズ」を読みたくなるし、「僕はビートルズ」をすでにお読みの方は「イエスタディ」も楽しめると思う。ぜひとも両作ともご鑑賞をお勧めしたい。
 そして、二作とも読み、見終わった後は、ビートルズを聞きたくなることうけあいだ。これも「Hey Jude」を聞きながら書いている。

 それにしてもビートルズがいないと「コーラ」も「タバコ」もなくなってしまう世界(このふたつはビートルズと関係が深いのだそうです。検索ヨロ)、「ずうとるび」もなくなっちゃって、笑点の大喜利はどうなっちゃうのだろう、などと、日本人としては思ったりもして。

 山田くーん、結城さんの座布団、全部持ってって!
posted by 結城恭介 at 08:00| 書評・映画評

2019年10月30日

【日記】試される半島、千葉。

 なんというか、災害お見舞いの往復書簡の様相を呈しつつあるようだが、先週金曜、10月25日の千葉の大雨、わたしとわたしの家は無事である。ご心配いただいた皆様、ありがとうございます。

 しかし、実はわたし、千葉駅が冠水(正確には京成千葉駅とショッピングモールをはさんだ道)していたとき、そこから数百メートルも離れていない場所にいたのである。
 わたしのかわいい電子秘書「エモ子ちゃん」も、「今の検索上昇ワードは、千葉駅冠水らしいですよ」と言っていたので、湖のようになっていた道路を映像で見た方も多かったのではないだろうか。
 そう、京成千葉駅と、ショッピングモールをはさんだあの道はちょっと低地になっており、今回ほどの大雨でなくても、よく冠水していたのである。地元の人は「ああ、またあそこか」と思ったのではないかな。

 あの日は、11:30から、JR千葉駅ビル内の店にいかなくてはいけない用事があり、どうしても出かけなければいけなかったのだ。
 それでも早朝はそれほど降っていなかったこともあり、いつもどおりに細君とクルマでジムへ行き、ブランチをデニーズで取ってから、一番雨がひどい時間帯に千葉駅方面へ向かったのである。

 しかし、そこはそれ、地元民の知恵というものがあるので、クルマで行くのなら、濡れずにJR千葉駅ビルの店に行く方法を知っていたのだ。

 ちょっと駐車料金はお高めになるが、JR千葉駅近くのそごうにはオーロラシティパーキングという立体駐車場があり、そこへクルマを入れれば、そごう(ジュンヌ館)へは直接入店できる。そして、ジュンヌ館とそごう千葉店は空中回廊でつながっており、そこからモノレール千葉駅を介して、JR千葉駅まで、天井のある場所を歩いて行くことができるのである(一部、そごうとモノレール千葉駅をつなぐ場所は、数メートル天井がないので、あれほどの大雨だと傘は必須ではあったが)。

 というわけで、わたしと細君は濡れずに用事のある店まで行き、ちょうど、外がすごいことになっている間も、安全に室内にいられたのであった。
 用事を済ませて、オーロラシティパーキングを出てから、カーナビテレビでニュースを見て、千葉駅近辺が冠水していることを知って驚いた。
 いつも使っている駐車場にクルマを入れていたら、びしょ濡れの濡れネズミどころか、冠水で行き止まりになり、目的の店までたどりつけなかったかもしれない。神に感謝である。

 帰りは雨が少し小降りになってきたので、業務スーパーへ寄ったら、駐車場に一台もクルマが止まっていない。「あらガラガラ」と思って駐車場入り口へタイヤを回したら、ゲッ、冠水している! こりゃまずい、と、クルマをすぐに転回させて脱出。あのまま行っていたら、もしエンジンを止めたらマフラーから水が入っていたかもしれない。
 ちょっと離れた別の駐車場に止めて、車内に細君を残し、スラッシュブーツを履いているわたしだけで店へ向かう。水が浅い所を通っても、つま先立ちしなければ歩けない。ひー、などと思っている間に、スラッシュブーツも浸水。結局、右足は水びたしに。
 いつも混んでいる店内はガラガラで、店員さんやお客さんと、「こりゃ大変ですねぇ」、「この駐車場を見て帰っちゃうお客さまが多くて」などと世間話をしてしまった。

 そこからは家に直帰したのだが、道路冠水が恐く、細君にスマホでハザードマップを見てもらいつつ、冠水しにくい道路へ進路を変えて帰宅した。それでも、車道の左側はもう湖のようになっていたから、今回の雨のすごさがわかるというもの。

 我が家は千葉市でも高台の場所にある。交差点を曲がって、坂を登っていくと、景色が変わった。道路に水が溜まっていないのである。いやあ、歩いて行き来すると、坂がある場所は大変だが、こういうときは安全だなぁ、と、細君とホッと一息。

 さて、駐車場にクルマを入れたら、そのすぐ近くの、細く古い道が、なんと崩落していた。高台でもこういう被害は免れない。人的被害がなかったのが幸いだ。

 そんなこんなで、大雨に振り回された一日だったが、神の恩寵に恵まれて、わたしたち夫婦と我が家は、特に被害らしい被害もなかった。冠水に浸ったスラッシュブーツを干したくらいである。

 この大雨で、千葉県はまた人的被害を出してしまったし、川沿いの家屋では、床上浸水も多かったと聞く。「試される半島、千葉」というフレーズが頭に浮かんだが、台風15号からの、この三連発の災害。正直、もう勘弁!(>_<) という感じである。

 この大雨の被害に遭われた方々に、深くご同情とお見舞い申しあげて、この稿、筆を置き、傘をたたむ。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記

2019年10月26日

【日記】Show Must Go On.

 以前通っていた歯科医での体験。
 ここの先生は小学校の歯科検診の担当もしているということで、腕もいいのではないかという評判を聞いて通いはじめたのだった。なにより、家から歩いて三分という立地が良かった。

 治療の時、タオルで目隠しをして、あんぐりと口を開けさせるというお医者さん。恐怖心を煽らないように、という配慮からであろうか。これはこれで、気が利いているかも、と思った。

 この歯医者さん、通算で一年は通ったかな。でも今は、歯のトラブルがあったときは、別の歯科医にかかるようになってしまった。

 理由があるのである。

 ある日の治療でのこと。この歯医者さんが、隣にいる歯科助手の女の子を叱りはじめたのだ。
「あのねぇ、ここの器具は、こっちにこう置いておいてくれないかな」
「……すみません」
「いつも言ってるでしょ。気が利かないなぁ。それでね云々。あのね云々。だからさ云々――」
 その間、わたしは二人の間であんぐりと口を開けて、目隠しをされたまま治療を受けていたのである。なんとも、居心地の悪い時間であった。

 その歯の治療が終わって解放されたとき、もうこの歯医者にはいかない、と決めた。ちなみに先生の腕は、結果的に、腕はまぁまぁからちょっと下くらいであった。なお、先生は患者には優しく、特に怒られたことも文句を言われたこともない。それでも、再び通う気にはなれなかった。
 腕のせいではなく、治療中の患者の目の前で、歯科助手を叱るというのは非常識だと思ったからだ。

 今、行っている歯医者は歩いて十分のところだが、腕は普通。そしてなにより、歯科助手を客の目の前で叱りつけることはしない。治療が一段落すると、いちいち別室に戻るのが気になるが、歯科点数でもつけているのであろうか? それがちょっと不思議。

 次の体験。
 わたしの街の最寄り駅には、とても美味いと評判のラーメン屋があり、昼どきと夜には行列ができるほどである。
 実際、味は確かに美味い。聞いた話だと、ご主人はある有名店で修行し、のれん分けしてもらって、この店を始めたのだという。

 ある日のこと。昼の部の列の一番先頭をわたしがゲットした。開店は11時半。それまで、ウキウキとした気分で、待ち行列用の椅子に座っていた。このお店は一等賞だと、ちょっとしたサービス(チャーシュー追加)とかしてくれるのである。
 店内は開店に向けて仕込みが一番忙しい時間であろうか。
 と、店内から罵声が!
「違うだろ! そこはそうじゃないだろ」ご主人であった。「何度言ったらわかるんだよ。いい加減に覚えろよ」
 どうやら、失敗したお弟子さんを怒っているらしい。小言は続く。「だからさ云々。おまえはさ云々。まったく云々――」

 行列の先頭にいたわたしの耳には、それが全部聞こえてくる。わたしはいたたまれなくなってきて、小言が続いている間に決心し、席を立って行列を離れた。
 念のためいうと、ご主人の人柄は暖かく、お客に怒声を飛ばすことなどない。客を選ぶ店というものもあるが、ここは千客万来である。
 上記のお弟子さんへの叱咤も、お弟子さんを思ってのことであることは承知している。それでも、お客が聞こえている状況で、あれはいけない。

 このお店は、唯一無二なので、今でもたまに行っているが、あの体験は忘れたことがない。

 他界されたジャニー喜多川さんは「Show must go on.」という言葉を大切にされていたそうである。ショウは始まったらやめられない。続けなければいけないのである。

 同じことが、客商売にも言えないだろうか。

 客商売にとって、お客が見ている、聞いている場所というのは、すでにステージなのである。ショウはすでに始まっている。やめることはできない。本来なら、舞台の裏でやるべき「咎め」や「叱咤」はグッとこらえて、笑顔でショウに徹するべきなのだ。
 でないと、なにより一番大切なお客が不快になる。

 実際に、上記の歯科医院は、ひとり患者を失ったし、ラーメン屋さんはそのときのお客をひとり帰してしまったのである。

 以前わたしは、「技術屋は客商売とは違うのだから」という文脈で誤解を招く表現をして、客商売の方からお叱りのメールをいただいたことがある。そのとき、客商売の方も、強い誇りを持って、お客様の前というステージに立っていることを痛感した。

 前記二点の歯科医とラーメン屋のご主人は、客商売としていかがなものであろうか。みなさまはどうお感じになられるだろう。
 いっときの激情を露わにすることで、ショウが台無しになってしまうことがあることを、客商売の方々にはお伝えしたい。

 Show must go on. いい言葉である。
posted by 結城恭介 at 08:00| 日記